「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2010年 09月 24日
東アジアでのアメリカの覇権が急速に衰えてるのがわかった今回の尖閣諸島での衝突事件
 今回の尖閣諸島での衝突事件を巡って下記のニュース。米中会談でのアメリカは、元切り上げを中心とした自国の経済優先で、南シナ海でのシーレーン問題についても中国にお願いをしてる有り様w。確実に東アジアでのアメリカの覇権が弱まっている事が垣間見えてますね。
 そのタイミングでネオコン系親米前原氏が外相に就任って、ブラックジョークなのか、日本からアメリカへの「捨てないでください」ラブレターなのかw?
 前原氏や外務省は、マイケル・グリーンのような日米安保利権にからむアメリカ側の人脈から、「アメリカは今回の尖閣の問題でバックアップするだろう」かなんかうまいこと言われて、その気になっていたのではないか?
 今や外務省の主流派に外交をまかせていると思考停止に陥り、今回の尖閣の問題のようなチグハグな対応が続くのでは? それこそ佐藤優氏や天木氏のような外務省の中で非主流だった方々のアイデアや人脈が生かされるべき時なのかもしれませんね。今の外務省にそのようなことを行える柔軟性があるとも思えないので、国民・国益を巻き添えにした今の外務省の自然死を待つしかないのか? それって最悪のシナリオですけど…。

 中国が力をつけている中、これまで通りにアメリカにくっついていくだけの外交じゃ、手足を縛られ国益を毀損するばかりでしょう。小沢さんや鳩山さんが言ってた日米中正三角形外交を、アメリカとの関係上表だって言えないのなら、気概だけでもその方向に持っていくよう努力してかないと、益々日本はダメになってくように思えてなりません。

"米高官“日中間で解決すべき” NHKニュース"より
米高官“日中間で解決すべき” 9月24日 9時6分

沖縄県の尖閣諸島の日本の領海で、中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で日中関係が緊張していることについて、アメリカ政府高官は、仲介は行わず、あくまで日中間で解決すべき問題だという考えを強調しました。

ホワイトハウスのベーダー国家安全保障会議アジア上級部長は23日、米中首脳会談の終了後記者会見を行いました。その中で、ベーダー部長は「米中首脳会談の中で、日中関係については、協議しなかった」と述べる一方で、尖閣諸島での事件については、事件が起きてからアメリカ政府に対して、それぞれの政府から数多くの働きかけがあった事実を明らかにしました。そのうえで「アメリカ政府は領有権をめぐるそれぞれの主張について立場を明確にしない。この事件によって緊張がエスカレートすることは望ましくない」と述べ、仲介は行わず、あくまで日中間で解決すべき問題だという考えを強調しました。その一方で、ベーダー部長は、南シナ海で中国がほかの国の船舶の自由な航行を脅かす態度をとっていることについては「自由航行が保障されることはアメリカの国益だ」として、24日に開かれるオバマ大統領とASEAN=東南アジア諸国連合の首脳との会談で協議されるという見通しを示しました。

a0054997_16213831.jpg



<漁船衝突>中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」(毎日新聞社) - エキサイトニュース
より
2010年9月24日 14時51分 (2010年9月24日 15時57分 更新)
<漁船衝突>中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」

 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海内で中国漁船が海上保安庁巡視船に衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害容疑で逮捕・送検し、拘置していた中国人船長、※其雄容疑者(41)を、処分保留のまま釈放すると発表した。
(中略)
 領海問題を巡り、停船命令に従わなかった中国船籍の漁船が巡視船に衝突させる行為を公務執行妨害ととらえて逮捕する異例の展開となった。石垣簡裁は19日、29日までの拘置延長を認めていた。

 那覇地検の鈴木亨次席検事は釈放の理由について「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べる一方、船長の行為を「追跡を免れるためにとっさに取った行動で、計画性は認められない」などと述べた。今後釈放手続きに入るが、釈放の日時は未定という。※は「簷」の竹カンムリを取る

[PR]

# by darsana-te2ha | 2010-09-24 16:26 | 世界情勢
2010年 06月 11日
郵政民営化見直し法案が廃案になる危険性。菅内閣に小泉内閣との類似性を強く感じます。
 皆さんご存知のことで今更ではありますが、ここ1週間~10日あまりで大きな動きが政府与党内でありました。

 辺野古基地移転の問題は、日米の官僚主導で大きく後退してしまいましたし、与党内での小沢氏や国民新党の力が弱まることで郵政民営化見直し法案の成立が怪しくなってきました。

 菅さんは、政治基盤の弱さからマスコミや官僚、アメリカの力を利用して権力を維持しようという小泉型の首相を狙ってるように見えます。政権交代時に恐れていた最悪のパターンに陥る危険を感じずにはいられません。しかもここのところTVの報道番組での前のめりの消費税増税プロパガンダの嵐。5年前の郵政選挙を彷彿とさせられます。例えば街の声と称し消費税上げ容認派の声を集中して紹介していた今夜のTBSニュース23。筑紫さん亡き後、しかも経営が苦しいTBSは報道の良心をどぶに捨て、ひたすら売国の手先に堕してしまったようです。

 何はともあれ菅政権は非常に危険な内閣に見えます。暫く様子を見ようなんて声がツイッター上の一部で囁かれてますが、小泉郵政選挙の時の異常な状態を知るものとしては、そのようなゆう著な事は言っていられません。アメリカやマスコミ、エリート官僚を軽く見る気になれないのです。
 普天間基地の海外移転を訴えた民主党の多くの議員さんたち(150人以上いらしゃるのでは?)の声がこちらに届いて来ないのですが、どうなってしまったんでしょう? 党幹事長が枝野氏に変わったことで兵糧攻めの危険が迫っているのでしょうか?

 政権交代で一段落かと思ったら、売国勢力がまた息を吹き返しつつあるようで、まったく日本国民もなめられたものです。なんとかしようよ。

 と書いていたら風雲急を告げております。閣僚の中で最もまともな政策を口にされ実行されていた亀井大臣が辞職だそうです。
 下記のニュースを読んでて感じるのは、新自由主義型を目指すか社会民主主義型を目指すかで、政界再編がこの参院選を前後して早まりそうな気がします。
 賢明なる国民の皆様におかれましては、カネと利権にまみれた大手マスコミの言説に惑わされることなく、国民の未来にとって何が大切なのかじっくり考えたうえで投票していただきたく、僭越ながら希望いたします。

亀井郵政相:法案先送りで辞任へ 国民新、連立は維持 - 毎日jp(毎日新聞) 2010年6月10日 22時48分 更新:6月11日 1時33分
より
菅-仙谷ラインと亀井氏との政策対立は根深く、懸念されていた事態が政権発足早々現実となった。


参院選:7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ - 毎日jp(毎日新聞) 2010年6月10日 22時48分 更新:6月11日 1時14分より
政権の構造も前政権から変化した。鳩山由紀夫前首相は、連立重視の小沢一郎前幹事長の意向を無視できず、郵政改革法案の成立を目指してきた。だが、菅直人首相が「強い経済」とともに「強い財政」を標ぼうするのに対し、国民新党の亀井静香代表は積極財政論者。首相周辺からは「嫌なら、(国民新党は)出ていけばいい」と突き放す声も聞こえる。


追記:下記に書いた大阪大小野教授のことですが、流動性のわなにはまってしまったマネーを税金として徴収し実体経済に投資するという考えには賛成ですが、その税金が消費税で良いわけはありません。消費税アップは国内GDPの6割を占める個人消費を更に落ち込ませ国の経済規模(GDP)を縮小スパイラルに持ってく危険が非常に高いです。

追記2:6月4日にNHK教育の「視点・論点」でジェラルド・カーティス氏が菅新内閣について「アドバイス」してたこと。
  1. 直接人物や党の名指しはしなかったけど、小沢氏主導が強まったことで300議席獲得した民主党より数の少ない国民新党や社民党の意見が通り過ぎでそれはやめろと(これって連立与党3党の政策合意の反米路線に対する警告だろうね/当ブログ管理者)

  2. また小泉元首相のように政策をうまく国民に直接伝えろ(マスコミを味方につけろってことか/当ブログ管理者)

  3. 官僚をうまく使いこなせ、

  4. 21世紀の日米関係をちゃんと考えろ(カネも人も米国に提供せよってことか/当ブログ管理者)


と「アドバイス」しておりました。
 で、その後10日あまり、G.カーティス氏による上記の「アドバイス」通りにコトが進んでいます。ということは日米安保利権を持つ勢力に良いように操られてる今の菅内閣ということでは。
(また不思議なことに番組内容をHPにアップしているNHK「視点・論点」のサイトに、上記のカーティス氏のしゃべった内容がアップされていないんです。)
[PR]

# by darsana-te2ha | 2010-06-11 01:29 | お金、政治
2010年 03月 07日
最近のニュースから…。政権交代から早半年、いろいろありますが…
 お久しぶりです。忙しさにかまけてツイッターだけやっており、トラックバックもお返しせずに大変失礼いたしました。

********
 
 さて本題。最近読んだニュースで良かったなと思ったものを二つばかし…。政権交代で疑問もあれば(例:事業仕分けの大騒ぎ)、下記のような良い点もあり、今後とも注視してまいりたいと思います。


内閣府参与に小野阪大教授 経済政策を助言(NIKKEI NET(日経ネット))
より
経済財政政策を担当する菅直人副総理・財務相は5日、阪大の小野善康教授を内閣府参与に任命したことを明らかにした。小野教授は阪大と兼務しながら、必要に応じて菅副総理に経済政策を助言する。昨年末の成長戦略の策定では有識者としてヒアリングに呼ばれるなど、民主党政権との距離が近いとされる。

 小野教授は規制緩和など企業活力の向上を狙う政策は人員余剰につながると指摘。環境インフラへの財政支出などが需要を増やし日本経済を活性化させると訴えてきた。

 マクロ経済の需要と供給のバランスについてよくご存知の小野教授の採用。良きことなり(当ブログの「ライフログ」欄に加えさせていただいた「不況のメカニズム―ケインズ『一般理論』から新たな「不況動学」へ (中公新書)」の著者であられます)。
 良い意味での「無駄」の必要性をマクロ経済の視点からよくご理解されている小野教授なので、「無駄の削除」ばかり叫ぶ民主党の一部勢力に対して、経済の縮小均衡を加速させるようなアホなことをさせないよううまくけん制していただきたいものです。
 菅さんが経済の素人だという批判がありますが、逆にこれまでの政権やお役人では考えられないような大胆な発想も出来るではないかと良い面で期待したいと思います。


 もう一つが下記。これはもう早急にかつ確実に行っていただきたいものです。「構造改革」の名の下に行われた一部の勢力のみに利益を供与するような歪んだ行為を白日の下に晒していただきたし。

西川郵政のかんぽ宿売却に「重大な問題」 検証委委員長が見解 2010.2.25 18:42 - SankeiBiz(サンケイビズ)より
 日本郵政グループの西川善文前社長に決まり、白紙撤回された宿泊保養施設「かんぽの宿」の売却などをめぐり、同グループのガバナンス(企業統治)のあり方を検討する検証委員会は25日、開かれ、中間報告を行った。元東京地検特捜部検事で名城大教授の郷原信郎委員長は会合後の会見で、「途中経過の印象、感想だが、日本郵政のガバナンスには非常に重大な問題があったと見ざるを得ない」と述べた。

 同委員会では今後も、関係者からの聞き取りなどを行い、3月中をめどに調査報告書をまとめる。


(当ブログに比べマメに書き込んでるツイッターはこちらです。良かったらアクセス&フォローをよろしくでございます→https://twitter.com/te2ha
[PR]

# by darsana-te2ha | 2010-03-07 19:50 | お金、政治
2010年 01月 18日
本年もよろしくお願い申し上げます。
 ご挨拶が大変遅れてしまって申しわけありません。本年もよろしくお願い申し上げます。

 私事ではありますが年末年始は多忙で(シングルファザーは忙すいw)、ブログも放置してしまい大変失礼いたしました。年度末に向けてあれやこれやと引き続きありそうで、書き込みがなかなか出来ない状態が続くかと思いますがご容赦ください。

 移動中の携帯からも手軽に書き込めるのでtwitterは続けています。よろしくお願いいたします。
 https://twitter.com/te2ha
[PR]

# by darsana-te2ha | 2010-01-18 11:36 | いろいろ感想文
2009年 12月 29日
なんかなあ…。「日本の米国債保有18%増 10月末7400億ドル、中国と差縮む」
 日銀が金融緩和しても資金は海外へ流れて国内の実態経済には回らないつうことか。下記の記事だと10月末の数字ということですが…。とはいうものの円高抑制には多少役立ってるのかな?

日本の米国債保有18%増 10月末7400億ドル、中国と差縮む:NIKKEI NET:経済より
 日本が保有する米国債が急増している。官民合計の保有額は10月末時点で7465億ドル(約67兆円)となり、前年同月末に比べ2割近く増えた。世界最大の保有国である中国はこのところ8千億ドル前後で推移しており、2位の日本との差が縮まりつつある。外貨準備の多様化を進める中国が米国債での運用を抑えているのに対し、日本では金融機関が米国債を積極的に買い増している。

 日本の金融機関はリスクの高い証券化商品への投資を抑制する代わりに、比較的安全な日本や米国の国債購入を拡大している。米国の国債は日本より利回りが高く、安定的な投資先としての魅力が増しているようだ。米国の財政悪化で米長期金利の上昇とドル安の圧力がかかりやすいため、米国債投資の拡大を危ぶむ声もある。(10:35)

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-12-29 15:31 | 日米関係
2009年 12月 13日
困った「市場原理“信仰”者」クン。
 池田信夫氏とかいう市場原理主義かぶれがユニクロを擁護してるようだが、自由貿易マンセーな時代遅れのアナクロニスムにしか見えません。市場原理に対する知的な吟味を行わない単なる信仰にすら感じてしまう。まったく困ったものだ。

(以下twitterの書き込みから転載)
  • 池田信夫氏らしい主張だが、個人的には自由貿易至上主義は今やアナクロニズムにしか思えない。そもそも通貨元(げん)の人為的な安値のような国家のコントロールに対してどう思っているのか? http://agora-web.jp/archives/823680.html
    (雇用がどーたらってとこ読んで、経団連そのままな主張に、マクロでの生産(供給)と消費(需要)についてちゃんと理解してらっしゃるのかとお口あんぐり…w。「マクロでの供給と需要なんてのは今流行の経済学じゃない」と言って排除されるのかな?w)

  • 八代尚宏氏が政府の要職から消えてせいせいしていたが、池田氏のような悪しきグローバリスト系論客はまだデカイ顔してんのね。

  • GMを擁護する気はさらさら無いが、そもそもGMが経営悪化したのは怪しげな金融に手を出したせいじゃないのか。 RT @namekawa01 保護主義は麻薬だから怖い:〔日本車に対して〕「貿易摩擦」を言い立てて日本からの輸出を妨害したGMは、経営破綻しました。 - 池田信夫 http://bit.ly/6I20cn

  • 由貿易には安い石油が前提にあるとこに誰が儲けたいかが現れてますねw RT @fujifuji_filter: 自由貿易とは、世界中の富を独占しようとする者のたくらみだと思います。

  • 池田氏のような市場原理『信仰』者は理性を放棄した方が多いようですね(笑) RT @souun_udoku: @te2ha 消費者=生産者という視点がありません。純粋消費者がいるとでも? ほとんどの人々が生産者としてもらった給料だけを消費に回すのが近代。

  •  戦後、冷戦という不自由な条件があったが故に日本の「自由貿易」は成功できた。冷戦が終了したことで獲得した更なる自由は日本の多国籍企業には利したが日本人全般にはどうだったのか。

  • 「行政、政治を担う者も、農業者も、いったいWTOとは何ものなのか、真剣に、正確に認識を改め、深めていくことが大切でしょう。」by 内橋克人氏

  •  「世界同一基準で市場化・自由化していけば世界から貧困が消滅するという世界市場化の戦略ですが、世界の現実は全く逆です。キャッチフレーズ通り実行したメキシコでは農家が貧困化し、貧困の拡散、世界化が進む。貧困の解決ではなく、貧困の拡散を進めているのがWTOの本質です。」by内橋克人氏

  • 情報ありがとうございます。 RT @souun_udoku @te2ha メキシコ:自由貿易は貧困軽減に失敗http://sun.ap.teacup.com/souun/107.html

  • RT @souun_udoku @te2ha WTOとは何だろう?http://sun.ap.teacup.com/souun/49.html


[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-12-13 18:00 | 世界情勢
2009年 12月 08日
読者の皆様にお知らせとお詫び
 なんだかまた忙しくなり、今週の「ウイークリー日記」をアップできなくなりそうです。

 すいません。

 twitterのほうは、仕事の合間に主に携帯から書き込みしてますんで、よろしかったらそちらもご覧ください。

https://twitter.com/te2ha

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-12-08 23:19 | ウイークリー日記
2009年 12月 01日
デフレについて動きがありましたね…=ウイークリー日記-2009/11/24~11/30
11月24日

  • 外国人参政権の問題等、今の政府に「?」なことは下記の鳩山首相のメルマガに登録した後、メルマガ内のご意見募集のコーナーに書き込むと効果あるみたいです。 http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/
    上記はいつも鋭い見方で国際情勢を分析してらっっしゃる北野幸伯氏のメルマガに書いてありました。 http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

  • 今ジャイカの食堂でコーヒー。色んな国の人の色んなファッションが見れて好きな場所。事業仕分けではジャイカは評判あまり良くないみたいだけど。

  • 「ジャイカ」ってJICAのことです。カタカナで書くとジャマイカと間違えるなw
    以前ジャマイカに行った時、現地のラスタマンは聖書の「ヨハネの黙示録」が実現されるのを本気で信じていたが、向こう数年内に起きてもおかしくないと感じる昨今の地球規模の大きな変動。


11月26日

  • 業界関係者の一人としてはひたひたと危機感。 RT @metakit: 出版社から、どんどん面白い人材がやめていく。展望ないものな。問題はやめた連中が組織はずれると何も出来ないことだな。

  • とは言うものの末端下請業者的には、21世紀に入ってからというもの経費削減の嵐をモロ被ってきましたから、具体的危機が随分前からあるんですが…。

  • 父方ご先祖様は幕府方だったので維新期には苦労したみたいなので、それに比べればだいぶマシなんだらう。

  • RT @kihachin: RT @rolling_bean : 12月4日が締め切りです。: 「漢方を健康保険で使えるように署名のお願い」 http://kampo.umin.jp/


11月27日

  • 確かに財務省や検察などを観てるとアタマに来ること多いけど、官僚イコール悪というの見方は短絡的過ぎ。マスコミによるセンセーショナリズムに洗脳されてるとしか思えない。

  • 韓国や台湾での政権交代の時に行われたように、民主党は過去の政府の悪事を全部バラせばよろしい。権力に対するヘンなスケベ心が芽生えるようじゃ足元すくわれますぞ。

  • 民主党も含めた永田町やマスメディア、アメリカに歯向かえない霞ヶ関などを観てると中央というか東京はもうダメだな。キリストのおっしゃるように「家を建てる者の退けた石が隅の親石となる」んでしょう。周縁部から変えていくしかない。

  • 日本政府は一旦破産宣言をして、外国特にアメリカに貸してるカネもゼーンブ清算して、1から出直しましょう。

  • 財務省サン、日銀サン、円高対策するんならドル買い介入なんかせず、日本国内でお金をまきなさいよ。

  • 今夜の報道ステーションで、この期に及んで寝ぼけたこと言ってる菅大臣の話を聞いて正直ガッカリした。こんなんじゃ来年の日本は、民主党政権のせいで大不況で大変ことになるな。

  • ふーん、高慢心は脳にさわりが出るとか。民主党の皆様、お気をつけあそばせw。

  • なんでも無駄無駄って節約ばっかしたってダメだよ、中長期での投資って考え方しないと。民主党やそのシンパのダメなとこだな。あと財務省も。

  • これは日産の支援って意味もあるのでは。初期開発費の一部を負担しコストが下がったところで大量販売できれば税収や雇用で元がとれる RT @udonenogure1: 26日に「神奈川県が公用車として使っている8台の電気自動車を充電するため、およそ900万円をかけて、充電設備を国内で初めて設置した。」とのニュース。でも発電所からの充電じゃ意味がなくって自家発電にしなくっちゃ(笑 松沢知事って、よく理解をしているのかな?

  • 反小泉で共闘しあえた方々でも、民主党の政策に対するスタンスはそれぞれ全く違ったりするんですよね…。

  • さっきNHKのデフレについての番組を観てて暗くなってしまった。今の政府でこのことを正しく認識してるのは亀井金融大臣くらいではないのか。「ムダ削減」&「公務員性悪論」ファシズムによって政府も率先してデフレスパイラルを加速させようとしてるとしか思えない。

  • @udonenogure1 すいません、細かい話はこちらの勉強不足でわかりませんが、なんでもかんでもムダ使いと最初から決め付ける今の世間の風潮に対する素朴な「?」から書き込みました。日本の更なる弱体化、縮小均衡を目指してるだけじゃないのか、しかも戦略の無いままです。


11月29日

  • ユニコーンの再結成アルバム「Chambre」しょっぱな「ひまわり」の
    ♪果てしなく続くような/世知辛い世の中を/半分とどれくらい/僕達は走ったか?♪
    ってフレーズ、まったくおっしゃる通りって感じです。「半分とどれくらい」ってのが自分の実感とぴったりw

  • テレ朝で今やってる富山県警や富山地検への追求番組はなかなかいいんんでないの。珍しくテレ朝を褒めたw

  • CO2対策に原発一本で対処しようとしてるらしい日本。スマートグリッドのほうが経済合理性に優れているとか。きめ細かいとこが日本人向きっぽいし、発展途上国のインフラ作りにも向いていてビジネスチャンスもありそうだね。
    ネタ元→ http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/11/29/4725941

  • RT @metakit:民主党の福山哲郎さんが宮台真司氏と共著発行。「民主主義が一度もなかった国・日本」。(幻冬舎新書)。福山さんは、元大和証券の営業マンから政治を志したので、社会の感覚が分かっている。信用出来る数少ない議員だと思う。


11月30日

  • 日米構造協議に始まり日本に「ムダ使い」をさせて、ここ20年で日本を弱体化させることに成功したアメリカ。夕張問題もその一つの現れ。自分達の失政のツケを地方自治体や家計に押し付ける中央の政官財。下記に詳しい。
    「始まっている未来  新しい経済学は可能か」 宇沢 弘文・内橋 克人著

  • マックのカフェラテ初挑戦。なるほど味は悪くないが、スタバよりドトール切り崩し狙い戦略か。

  • 当主ってデビッドってことか? RT @metakit: @namekawa01 アマゾン深呼吸だけど、とあるルートからロックフェラー当主に渡せることになった(笑)。日本びいきらしい。

  • もしデビッド爺さんなら、九十過ぎても好奇心旺盛だな。長生きの秘訣か? まあ金あるから良い医療を受けてるつーのもあるんだろーが。
    日本びいきだとすると小野洋子氏とはどんなお付き合いなのだろーか? デビッドの甥のジェイ・ロックフェラー(←小沢一郎と仲が良いという)ってジョン・レノンに顔が似てると思うのですが…


以上ここ1週間のtwitterでの書き込みの転載を中心に…。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-12-01 23:49 | ウイークリー日記
2009年 11月 23日
しかし誰が味方で誰が敵なのかよーわからん展開 w=ウイークリー日記-2009/11/17~11/23
11月17日
●──財務省主導しかも目先のゼニ勘定しか見ない市場原理主義に染まった事業仕分けに「NO!」の声を! 文科省“反論”募集HP http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

●──しかし誰が味方で誰が敵なのかよーわからん展開 w それも又楽しい激動期かな。しかし当面の敵ははっきりしてる。
 与党とその周辺、特に事業仕分けに巣くう市場原理主義者と彼らを応援するマスコミ。

●──右大いに頷く→「(事業仕分けでは)環境や温暖化の予算をそのままにして、他の研究分野のほとんどを大削減しています。これでは民主党案は亡国の謀です。基礎科学分野の予算は驚くほどの勢いで、しかも驚くほどの金額を削って行っています。これでは大規模な頭脳流出は避けられそうもありません。」
 そして「日本のような国は人材を育てずして、一体、何によって立っていこうとしているのでしょうか?」と。まったくおっしゃる通りでは。
 以上二つは以下URLのみかんちゃんさんのコメントからです。対談 「日本再生待ったなし 第1回」 2009年11月11日 高橋昭一代議士 vs 藤原直哉

11月18日
●──民主党はマニフェスト自家中毒。ナゼ自分達が先の総選挙で選ばれたのか全く見えていないようで。小泉カイカク的なものを否定してほしくて選んだら、ゾンビのように小泉政治の亡霊が甦ってしまったというわけ。

 前原大臣とか枝野議員とか都会育ちの偏差値世代オボッチャンは(ってオレもか?w)、先の総選挙の大勝で舞い上がっちゃってんだろ。ちょっとアタマ冷やせよって感じ。

 小泉元首相はメルマガ発行で「新しさ」を装い、民主党はネットによる双方向のやりとりという「新しさ」をアピールしてる。基本的手法はどちらもよく似ていて、実際に政治の現場でやってることは日本弱体化と「効率化」「民営化」という名の公共インフラのパルクセール。

●──「効率」と「ムダ」を対立的にとらえる視点って20世紀っぽい。「官」と「民」もそう。

●──そういえば一昨日小野洋子氏がNHKテレビの「スタジオパークから」インタビューで日本の空気について触れていた。
 湿気を多く含んだ曖昧さ--欧米の強固な自我を体験してきた人達にはそれがまだるっこかったり、反対にほっとしたりするみたい。

11月19日
●──拝啓藤井財務相サマ。9月末、外貨準備高が過去最高になったそうで、これって紙切れになりつつあるドルに日本人が稼いだカネを貢いだってことでしょ。財務省ともども日本国民ではなくアメリカのしもべなんですね。

●──社会の工業化・情報化が進んでいくと人々の個々の要求に応えていかないとモノは売れなくなる。効率重視のマス生産ではダメ。民主党の前原氏や枝野氏らはそこが見えてない20世紀型の古い政治家だろ。
 社会全体として少数者(障害者や難病の患者さん等)をフォローせざるを得なくなる。そこが民主党の偏差値世代議員さんたちには見えていないのでは。

●──今回事業を仕分けられる側にまわった元宇宙飛行士毛利さんが、官僚的な上から目線や、財務省主導が明らかな事業仕分けのやり口を告発されていた。もしかしたら意識的に取り上げられた自民党寄りの発言だったのかもしれませんが、それでも毛利さんと報道したNHKに拍手。

●──しかし民主党の偏差値世代議員と仙石大臣の勘違いがはなはだしい。ところで「郵政米営化」という鋭い言葉を発明された小林興起議員が最近表に姿を現しませんが、どうしちゃったんだ?
 報道ステーションつかテレ朝は郵政民営化見直し法案をよっぽど通させたくないようだな。しかし時事通信の田崎氏ってなんなんだ?

11月20日
●──デフレに金融政策で対処しようとしてる菅大臣。そういうマネタリスト的発想はもはや時代遅れ。株価も反応してるじゃないの。誰が経済の指南をやってるんだ?

●──「アセンション」って神や宇宙人による外的なものでなく、我々の中にあるエゴイズムの問題。

11月21日
●──政権変わってからもまた強行採決って、やっぱ小選挙区制は改めたほうがよろしいのでは。

●──地球や物質的富(お金)の有限性が多くの地球人に明らかな2009年だからこそ… RT @metakit Twitterが示しているのは「ストックからフローへ」という大きな流れだろう。「アルゴからライブへ」という。 #深呼吸_
 モノよりコト重視の時代へ。もしかしたらこれは他者との関係性を重んじる日本人の得意分野ではありませんか?

11月23日
●──RT @metakit 「漢方を健康保険で使えるように署名のお願い」が来た。「11月11日(水)の行政刷新会議事業仕分け作業の結果、一般用薬類似医薬品(OTC類似薬)(漢方・ビタミン・湿布薬)を保険給付からはずすという財務省案にワーキング・グループ15名のうち11名が賛成」

●──強く同意→「そもそも、今は予算カットではなく、大規模な景気対策をやるときなのだ。デフレの恐ろしさを知っていたら一時の猶予も許されない。放置すれば少なくとも年間数千人もの人を経済苦で自殺に追いやってしまう。」
日本経済は鳩山デフレに突入(小野盛司): 神州の泉より

●──昨夜フジテレビ特番でたけしが珍しくまっとうな事を言ってた。
 今まで酷かったんで新しいの選んだらそれもまた酷くて、国民は二つあるうちどっち支持して良いんだかわからなくなってるのが今だ、と。
 同じ番組内で爆笑問題太田が橋下大阪府知事に、有権者が悪いとかお前に言われたくねー、と半分マジで噛み付いてたのにはわろたw。

 以上ここ1週間のtwitterでの書き込みを転載。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-11-23 00:06 | ウイークリー日記
2009年 11月 22日
行政刷新会議「事業仕分け」にはイライラさせられた。酷いもんだな。=ウイークリー日記-2009/11/10~11/16
11月12日
●──役人責めるのも良いが、削減された予算と一緒に削られれであろう雇用について充分なフォローが必要では。
 小泉改革の時と同じように財務省の権限の強化で終わることの無きよう。財務省こそ霞ヶ関の本丸。
 行政刷新会議もしくは政府には特に地方の雇用について充分なフォローを。

11月14日
●──行政刷新会議が注目されて財務省は万々歳かも。目先のゼニ勘定の数字合わせばかりで、戦略無き国家は衰退するのみです。

11月15日
●──普天間の問題は、これまでのようなアメリカによる高飛車な要求に対し、日本側からモノが言える大きなチャンスになるようです。マスメディアを使って日本にある種の脅しをかけてきてるのは、そのことをアメリカが恐れているかららしい(天木さんメルマガより)。
 「属国日本」という役柄は国際政治の立場上止むを得ないかもしらんが、ご主人様(アメリカ)に媚びへつらい過ぎだったこれまでの日本。

●──激しく同意。 RT @ Haba_nero RT @Takashi_H: 官僚が悪者扱いされてますが、責められるべきは悪しき官僚主義ではないでしょうか。なんか間違えてる。

11月16日
●──激しく同意。「(事業仕分けという)協議の場を動画で国民に晒し、悪者を仕立て上げる手法は、郵政民営化選挙の際に小泉政権が用いた「劇場型政治」の手法である。 予算費目の厳密な吟味について、地に足をつけた堅実な手法を模索する必要があると考えられる。」財務省利権への切り込みが脱官僚政策の原点: 植草一秀の『知られざる真実』

●──官僚イジメを声高に報道し、それに拍手喝さいをしてる人たちを観てると、小泉政権時のヒステリックなマスコミやそれに拍手喝さいを送る所謂B層有権者の熱狂を思い出してしまうのは自分だけだろうか?
 確かに天下り官僚への法外な報酬は問題だが、予算の全額が報酬にまわってるわけではないのでは。そこを見間違うと日本の経済規模は益々縮小均衡に向かい、税収も減り、その分の増税が待ってるはずです。
 あんまエラソなこと言えた立場じゃねーが、マスコミのバカぶりは商売だからやむをえない面もあるだろうが、有権者も政治家ももっとマクロ経済を学ぶ必要があるのでは? 特に与党議員とその支持者の皆さん。
 マクロ経済について、小野善康氏やリチャード・クー氏の著作を個人的にはお薦めします。

●──これも正論では→「いま実施中の補正予算は、国権の最高機関である国会が正式に決定したものである。この予算の執行停止や一部取り上げ(組み替え)は、国会において行われなければならない。国会が決定したことを、行政府が勝手に変更することは重大な越権行為である。」(2009.11.15(その3)森田実の言わねばならぬ【901】平和・自立・調和の日本をつくるために[896]《新・森田実の政治日誌》[あえて鳩山内閣にもの申す]民主党マニフェスト・ファシズム批判・問われているのは議会制民主主義の問題である/実施中の補正予算を国会の議を経ずに行政府によって執行を停止したり内容を変更するのは、国会をないがしろにするものであり、憲法上疑義がある )

●──小泉内閣の経済財政諮問会議とか総合規制改革会議あたりから、民間の利益享受者が直接政府の政策決定の場に入ってくるようになって、政策決定のプロセスがおかしくなった。民主党は悪い意味で小泉政治の正統な継承者ってことか。

●──右にも強く同意→「事業仕分け:スパコン「事実上凍結」…世界一でなくていい - 毎日jp(毎日新聞) わざわざ政治主導で、日本の強味である先端技術を手放すんですか? 教育分野の金を減らして、日本の将来を担う世代の育成を放棄するんですか! ふざけるのもいい加減にしろ。」このページ(対談 「日本再生待ったなし 第1回」 2009年11月11日 高橋昭一代議士 vs 藤原直哉)のコメント欄の奇兵隊さん書き込みより

●──日本人の自虐的な洗脳加減が現れているようで落ち込む。 RT @miro_cherry 日テレ世論調査では、財務省主導の事業仕分けを72.2%が支持してるそうで…(驚)内閣支持率66.3%~日本テレビ世論調査 | 日テレNEWS24

※アップが遅れてすいません。先週末体調を崩しましてヘロヘロになってしまいました。皆様もご自愛ください。
全然関係ありませんが、皆様に幸あれの意味を込めましてオマケ音楽動画。

Buzzcocks- "Evrybody´s Happy Nowadays"

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-11-22 23:47 | ウイークリー日記