2010年 09月 24日
東アジアでのアメリカの覇権が急速に衰えてるのがわかった今回の尖閣諸島での衝突事件
 今回の尖閣諸島での衝突事件を巡って下記のニュース。米中会談でのアメリカは、元切り上げを中心とした自国の経済優先で、南シナ海でのシーレーン問題についても中国にお願いをしてる有り様w。確実に東アジアでのアメリカの覇権が弱まっている事が垣間見えてますね。
 そのタイミングでネオコン系親米前原氏が外相に就任って、ブラックジョークなのか、日本からアメリカへの「捨てないでください」ラブレターなのかw?
 前原氏や外務省は、マイケル・グリーンのような日米安保利権にからむアメリカ側の人脈から、「アメリカは今回の尖閣の問題でバックアップするだろう」かなんかうまいこと言われて、その気になっていたのではないか?
 今や外務省の主流派に外交をまかせていると思考停止に陥り、今回の尖閣の問題のようなチグハグな対応が続くのでは? それこそ佐藤優氏や天木氏のような外務省の中で非主流だった方々のアイデアや人脈が生かされるべき時なのかもしれませんね。今の外務省にそのようなことを行える柔軟性があるとも思えないので、国民・国益を巻き添えにした今の外務省の自然死を待つしかないのか? それって最悪のシナリオですけど…。

 中国が力をつけている中、これまで通りにアメリカにくっついていくだけの外交じゃ、手足を縛られ国益を毀損するばかりでしょう。小沢さんや鳩山さんが言ってた日米中正三角形外交を、アメリカとの関係上表だって言えないのなら、気概だけでもその方向に持っていくよう努力してかないと、益々日本はダメになってくように思えてなりません。

"米高官“日中間で解決すべき” NHKニュース"より
米高官“日中間で解決すべき” 9月24日 9時6分

沖縄県の尖閣諸島の日本の領海で、中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で日中関係が緊張していることについて、アメリカ政府高官は、仲介は行わず、あくまで日中間で解決すべき問題だという考えを強調しました。

ホワイトハウスのベーダー国家安全保障会議アジア上級部長は23日、米中首脳会談の終了後記者会見を行いました。その中で、ベーダー部長は「米中首脳会談の中で、日中関係については、協議しなかった」と述べる一方で、尖閣諸島での事件については、事件が起きてからアメリカ政府に対して、それぞれの政府から数多くの働きかけがあった事実を明らかにしました。そのうえで「アメリカ政府は領有権をめぐるそれぞれの主張について立場を明確にしない。この事件によって緊張がエスカレートすることは望ましくない」と述べ、仲介は行わず、あくまで日中間で解決すべき問題だという考えを強調しました。その一方で、ベーダー部長は、南シナ海で中国がほかの国の船舶の自由な航行を脅かす態度をとっていることについては「自由航行が保障されることはアメリカの国益だ」として、24日に開かれるオバマ大統領とASEAN=東南アジア諸国連合の首脳との会談で協議されるという見通しを示しました。

a0054997_16213831.jpg



<漁船衝突>中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」(毎日新聞社) - エキサイトニュース
より
2010年9月24日 14時51分 (2010年9月24日 15時57分 更新)
<漁船衝突>中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」

 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海内で中国漁船が海上保安庁巡視船に衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害容疑で逮捕・送検し、拘置していた中国人船長、※其雄容疑者(41)を、処分保留のまま釈放すると発表した。
(中略)
 領海問題を巡り、停船命令に従わなかった中国船籍の漁船が巡視船に衝突させる行為を公務執行妨害ととらえて逮捕する異例の展開となった。石垣簡裁は19日、29日までの拘置延長を認めていた。

 那覇地検の鈴木亨次席検事は釈放の理由について「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べる一方、船長の行為を「追跡を免れるためにとっさに取った行動で、計画性は認められない」などと述べた。今後釈放手続きに入るが、釈放の日時は未定という。※は「簷」の竹カンムリを取る

[PR]

by darsana-te2ha | 2010-09-24 16:26 | 世界情勢


     郵政民営化見直し法案が廃案にな... >>