2006年 01月 20日
米国産牛の輸入中止措置を当然すべきです。
危険部位混入の疑い 米国産牛肉、成田で発覚 | Excite エキサイト : ニュース

そもそも輸入再開そのものが不可解だったから、中止は当然でしょ。政府には、まずわれわれ国民の生命と安全を考えていただかねば。アメリカ政府と巨大資本におもねった末の輸入再開にしか思えませんでしたから、これを機会に今一度、アメリカに全頭検査を行うよう、働きかけをするべきです(輸入再開のお墨付きを与えた御用学者たちは殺人未遂で告訴もんですな!)。

今回の疑惑部位の発見を行い、圧力に屈することなく発表された方々には、よくやったと拍手を送りたいです(とか言いつつ別のウラがあったりして…・苦笑)

政府による情報統制があるのか、マスコミには出てきませんがこんな事実もあるらしいですからね…。死亡した痴呆症の患者の脳を調べると狂牛病の疑いが高い方が10%前後いたらしいですね。



将来フィリピンで狂牛病患者大量発生?
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-01-20 19:04 | お金、政治


<< この茶番劇を終わらせるためには...      細木センセ >>