2006年 01月 30日
本当に困ってしまうのはアメリカではないのか?
Excite エキサイト : 国際ニュース

ハマスの暴力的姿勢を肯定するものではないが、こんなことやってたら、力に任せダブルスタンダードを使いわけているアメリカの嘘が益々暴かれ、世界はますます混乱の淵へ追いやられていくのでは。まあこれまでのお立場上、こういうことを言わざるを得ないってのもわからないではないが、自らが蒔いた種でしょ。イラクであんな理不尽な戦争やってたらみんな信用しなくなるんじゃあないすか。これでアメリカの株でも大きく下がった日にゃ…

日本もね、アメリカ一辺倒の外交がいかに危険か徐々にわかってくるでしょう。これまで見てきてもわかるように、無責任極まりない今の内閣は言い訳、言い逃れに始終するんでしょうが。
中東がきなくさくなったら、一番困るのは世界最大の石油消費国アメリカでないのか?

元レバノン大使で、イラク戦争開戦のときに小泉批判をして外務省をおやめになった外交のエキスパート天木さんのHPはこちらです。中東情勢に詳しい方のご意見は重いです。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-01-30 16:48 | お金、政治


<< 自民党内親中派に対するゆさぶり...      世界はつながっている---イラ... >>