2006年 01月 31日
「医療改革」の先に見えるもの
 最近ニュースで、主に移植手術だが、アメリカで難病の治療を行う子どもたちのことがよく取り上げられる。それはそれで悪い話ではないが、どうもアメリカによるマインドコントロール作戦が見え隠れする。アメリカの医療はこんなに凄いですよというプロバガンダではなかろうか。郵政民営化の次にアメリカが狙っているのは医療だそうだ。これには民間の医療保険もセットになっている。例の『年次改革要望書』にも「医療改革」について書いてある。日本の新聞、テレビ等マスメディアにはしょっちゅうアメリカの保険会社の広告が出てくる。圧力があっても不思議ではない。

先だっての日歯の汚職事件も「医療改革」に邪魔となる人物、団体をつぶすための謀略という側面があったらしい。同時に小泉の「宿敵」橋本派へ打撃を与えるという側面もあったようですな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051209-00000271-kyodo-soci

「医療改革」の末に待っているのは、今の公的健康保険制度に支えられた国民医療の分断化と、アメリカの拝金医療制度、医療保険の導入だそうだ。政府やアメリカは今の日本の医療は高いと言っているが、今の日本の医療費の水準は、対GDP費でアメリカの半額近い数字である。いろいろな問題もかかえつつも、日本の公的保健医療制度の優秀さによるものらしい。
http://river-side.at.webry.info/200511/article_10.html
http://blog.goo.ne.jp/familymentalclinic/e/d38d81fb26420ce8c239814189d0cde3

Excite エキサイト : 主要ニュース
ブロガー同盟に賛同します。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-01-31 19:14 | お金、政治


<< 現在の惨憺たる経済状況は予測さ...      自民党内親中派に対するゆさぶり... >>