2006年 02月 04日
「自らの頭で考えない日本」-1
 小泉首相の靖国参拝を見るにつけ、売国奴が自らの本性を隠すために愛国者ヅラしているとしか僕には見えません。自らのアピールしか考えていない媚びたパフォーマンスよりも、その政策と行動で国を守ってほしい。ポスト小泉の安倍も然り、である。 日本国のためにそのかけがえのない命を落とされた方々は、アメリカに日本を安売りしている小泉首相に参拝されて、本当に喜んでおられるのでしょうか?
 南方で無念にも亡くなられた多くの英霊のかたがたのご供養に行かれた現天皇の爪の垢を煎じて呑んだ方がいいよ、小泉クンッ!

http://www.kobachan.jp/top/kouenroku.htmより
(以下引用)
 植民地、属国とは、「自らの頭で考えない」ということです。では誰が考えてくれるのか。それは親分の国アメリカに行って聞いてくればいいということです。10年にわたって毎年アメリカから「年次改革要望書」が突きつけられています。だから政治家も役人も、結論を考える必要がないのです。「はあ、今年はこういう考えですか、実行するように努力いたします。これはちょっと抵抗がありますので、検討いたしましょう」と言うだけです。アメリカの決めた結論が先ずあって、日本はそれに向けていかにやっていくかだけを考えるのです。これがここ数年の、日本の経済政策の実態です。
(引用以上)

 小泉内閣はじめここのところの内閣は経済政策のみならず外交政策もアメリカにおんぶにだっこです。今後首相が靖国参拝を止めるのか続けるのかはわかりませんが、アメリカと財務省、財界の犬として、多くの国益を損なっていくことには変わらないでしょう。

Excite GLTCg : vj[X
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-04 19:30 | 日米関係


<< 「自らの頭で考えない日本」-2      「日本政府は唯々諾々として米国... >>