2006年 02月 14日
変化の兆候か?
 一環して「構造改革」を批判し続け、ここのところ小泉翼賛マスコミから締め出しをくっていたと思しき内橋克人氏(http://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/20030310MSDokUchihashiBassui.htm)のインタビュウが夜のニュース23で。何かが変わってきた兆候か?」

 一連の構造改革を批判する藤原正彦氏の文章が、産経新聞一面に載った。年次改革要望書については直接触れられていなかったが、小泉翼賛メディアと言われた大新聞の一面に、これが載ったこと事態大きな変化かもしれない。最近日刊ゲンダイも小泉、竹中がやってきた改革を厳しく批判する記事が目立ってきたし。

 イランがここのところ強気らしい。イラク問題と石油という足かせによってアメリカが身動きをとれなくなってるらしい。中東でのアメリカの覇権が衰退していくことの始まりかもしれない(http://tanakanews.com/g0214iran.htm)。

 日本での米軍再編問題もなんかおかしくねえか?って声がもっと上がってこないかな。防衛施設庁の一連の汚職にもかかわっていることだし、国民の多くが基地問題の理不尽さをもっと考えるようになっていくと良いなと思う。岩国に米軍移転の是非を問う住民投票を決定され岩国市長井原さんの英断を評価します(ただ、これを無きものにしようとする大きな圧力があるのも事実なよう[例:読売新聞社説]で、とりあえず棄権が50%以上にならないことを祈ります)。小泉&アメリカ翼賛大手マスコミがどこまで報道するかは疑問ですけど…

 いずれにせよ、目先の混乱を越え、世界が大局的にいい方向へ向かっていってくれることを祈ります。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-14 03:27 | 世界情勢


<< 安倍長官、ええかげんにせーよ、...      憲法9条について。難しい問題で... >>