2006年 02月 16日
小泉首相による婦女暴行疑惑の記事。
 ちょっと古い記事ではありますが、読んでてむっとしてしまった。このような人物が、なんであんな人気者総理になったんだらうか? げにメディアの力は怖ろしいものなり。
http://www.pressnet.tv/log/view/3758より
(以下引用)
小泉純一郎氏について、以下のデータがある。小泉氏および飯島秘書官はこれが事実
と違うのであれば、事実と違うということを証明していただきたいものである。

1小泉純一郎は、1967年4月、慶応大学の4年生(すでに、2浪、2留年をして
いたが、1967年の3月にも卒業できなかったため、3留年が決定していた直後)
であったときに、婦女暴行事件を起こして、神奈川県警に逮捕されたことがある
。場所は、湘南であり、相手は慶応大学の女学生であった。(当時)
当時、防衛庁長官であった父親の小泉純也氏が政治的圧力を使い、この事件をもみ消
したが、学内でうわさの広まるのを恐れ、小泉純一郎氏を急遽1967年の5月にロ
ンドンに留学という口実で日本から出した。これは慶応大学には休学扱いとした。
そして、9月から通常始まるロンドンの大学に留学という形をとる予定であったが、
英語ができないため、すべて合格できなかった。
そのため仕方なく聴講生として一般に開放されている大学の講座をとっていた。2年
間ロンドンにいて、とった単位はゼロであった。

(引用以上)
 ご学友だった栗本慎一郎氏による「パンツをはいた純一郎」も合わせて読むと、さらにわかりやすいかもしれないですな。

 このスキャンダルをリークすると脅され、アメリカの言うことを聞いてたって話もありますし、それがもし本当なら、日本の多くの国民がこの5年間に地獄を見てるんですから、まったく困ったものです。

STOP THE KOIZUMI:■ア ピ ー ル (お読み下さい)
ブロガー同盟に賛同
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-16 03:41 | お金、政治


<< アメリカの希望する次期首相はネ...      安倍長官、ええかげんにせーよ、... >>