2006年 02月 17日
実はロシア女性が好みだったりする自分である。
 自分はロシアのアートが昔から好きでして、しかもシャラポアはじめロシアには美人が多いし(笑)。「世界の車窓」でロシアの列車が紹介されたときは、毎回目移りしちゃって困ったりした(ただ年取ると太ったひとが多くなるのがちょっと難点か・爆)。そーゆーわけで(ってどーゆーわけだ?)ロシアとはもっと仲良くしてほしいんすよね。
 しかし田中元首相はアメリカにハメられたし、鈴木宗男氏は福田官房長官(当時)にハメられたし、日本の政治家がロシアと仲良くしようとすると内外から足を引っ張られるのが難点ですな…。

 自分としては、戦前に石原莞爾氏が提唱していたように、東亜で国家連合体を作っていくような形にしてってほしい(ただ、石原氏のその理想は買うが、方法論がまずかった。時代のせいもあるんだろうが急ぎすぎて武力に走ったきらいあり)。イラク戦争開戦直前に発行された藤原帰一氏、金子勝氏らによる「東アジアで生きよう!」(岩波書店)にあるように、今ある日米安保をうまく利用しつつ、東北アジア全体の地域安全保障に発展させる方向に持っていくことはできないのだろうか。アメリカの挑発に乗せられて日中、米中戦争になってしまうことだけは避けなければいけないと思います。これは僕の個人的希望ではありますが、今後日本は、中東の石油の分配も含め、米中露の大国の調整役ができるようになってくといいんですが…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-17 01:16 | 世界情勢


<< 気分はもう対中戦争。      アメリカの希望する次期首相はネ... >>