2006年 03月 04日
今の政治は、我々日本人を映す鏡ではないのか。
 それは自分が受けてきた教育でもあったわけですが、戦前の日本をすべて悪として片付けることに対して少なからず疑問を持っています。

 それは今から見ると、内向きで、外を見ていない欠点のある未熟かもしれない思想ではありましたが、アジア規模、世界規模で理想やビジョンを作ろうとした意志が当時の日本にはありました。

 ひるがえって今の日本はどうでしょう? 世界やアジアへの理想やビジョンがあるのでしょうか? 戦前の日本を反省すべきだが、大きな目でアジアや世界を見ることまで否定してしまっていいのか? ビジョンを持つことがイコール「悪の帝国主義の萌芽」としてしまうロジックを我々は刷り込まれていないのか? そのひとつの現れが小泉首相や竹中大臣、前川代表なのではないか。ビジョンの欠如した、もしくはアメリカ追従というビジョンしか持たない彼らは、自分を含めた今の日本人を映した鏡だと感じてしまう今日この頃。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-03-04 11:28 | お金、政治


<< 中東に関してあれこれ。      イラン攻撃の根回しか? >>