2006年 03月 29日
軍事面での絶対的強さとは裏腹に
 イランの石油売買の決済のユーロ移行の表明や、ドル価格のイニシアチブを握られてしまう怖れの多いと思われる今回の中国の発表といい、軍事面での絶対的強さとは裏腹に、ドルの根幹をゆるがしかねない事態が進行しておりますな。
 状況を好転させるためにアメリカは、イラクでやったように力ずくで押さえ込むのか、話し合いでうまくやっていくのか?
 このままだとアメリカによる円への依存が更に進むのではないか?(表だったとこでも沖縄海兵隊のグアム移転費用の大幅負担要求や、昨日発表されたイラク復興費の765億円借款供与等なんやかやと…) こんなことが果たしていつまで持つのだらうか?

2月末の中国外貨準備は8537億ドル、日本を抜き世界1位 | Excite エキサイト : ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-03-29 00:14 | お金、政治


<< 怒りを禁じえません。      米軍司令部座間移転を憂う。-2 補足 >>