2006年 06月 04日
戦争経済でのおこぼれを期待して?
 中国と戦争をおっ始め、その戦争経済でのおこぼれを期待してる方々に担がれたとおぼしき方が、今日あたりからテレビで宣伝活動始めたようですな。口当たりのいいことおっしゃっておられるようだが、いざ戦争が始まってミサイル飛んできたら、本人たちはシェルターの中なんだろうな。シェルターなんぞに逃げ隠れすることの出来ない僕ら親子は、しなくてもいい戦争に巻き込まれて怪我をしたり死んでしまったりするのはイヤです。

 若さをアピールしたいようですけど、民主党の前原前代表のような、オコチャマ政治やられたら嫌ですけどね、どうなんでしょうね。祖父の代からのアメリカCIAとの近しい関係もあるようだし、僕個人的には、日本にとって非常にリスキーな方に見えます。

 以下、まったくそのとおりだと思いました。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C02679.HTML
「森田実の言わねばならぬ[128]」より
(以下引用)
 日本の富が米国に吸い取られているから、日本は経済的にも弱くなってきているのだ。小泉政権がブッシュ政権に追従するのみの従属政権であり、日本国民よりもブッシュ大統領を大事にするような政治を行っているために、国民は政治を信用できなくなっているのである。日本の弱体化は、米国ブッシュ政権の戦争政策のために行われている。
 安倍、櫻井、八木の3氏が、あたかも中国が日本の衰退の主原因のように言っているのは、見当違いも甚だしい。むしろ逆である。中国の経済成長によって日本は助けられているのだ。安倍氏の主張は「木を見て森を見ない」に等しい愚かなものである。
(引用以上)

http://www.snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=sample1
副島隆彦氏「[164]ゴールドマンの会長ヘンリー・ポールソンが、新財務長官だそうです。」より
(以下引用)
私の考えでは、いっそのこと、安部晋三に政権を担当させて、一年ぐらい危ない火遊びをやらせて、「修身」の復活どころか、「徴兵制」とかを呼号させて、日本国民の肝を冷やさせて、ついでに、この軽挙妄動の、頭の軽い人間たちを、安倍晋三ネオコン翼賛で、勢揃いさせておもてに浮かび上がらせて、それから一斉に失脚させるほうがあとあとの為にかえっていい、と思っています。危ないことをやらせて、それから彼ら自身がひっくり返るのを、数年待つのも手かな、と思います。しかし、一旦、戦争を始めさせると、一国の運命は、大きな船と同じように、そう簡単には、軌道修正できませんので、こんな子供たちに、やはり危ないことをさせないようにすべきでしょう。

 今の日本人は、一人一人が小じんまりとした強欲人間(レイシオ人間)になってますから、若者でも「自分は愛国だ。あの汚い中国をやっつけろ」 と、勇ましいことを言う割には、自分が戦場に行って、死ぬ気は全くなくて、「自衛隊員が死ねばいい。お仕事だから」と内心密かに思っている。 それが、産経「正論」=「諸君」文春一派の、愛国派・民族派を気取る馬鹿どもの本心だ。自分は死ぬとは微かにも思っていない。
(引用以上)


福田氏との一本化否定 安倍氏、自民総裁選で | Excite エキサイト : ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-06-04 22:28 | お金、政治


<< アルファブランドでデジカメ。      中東の問題をちょっと考察してみ... >>