2006年 07月 05日
日本の自立を促す一連の動きか。
 見方によっては中東の問題が大きくなりすぎて、そちらにかかりきりのアメリカは、北東アジアまで面倒見てられなくなってきてるのでは。
 ここのところの日韓による竹島問題を見てるとやはり、この地域でのアメリカのたがが急激に緩んできてるように見えます。

 北のミサイル問題も含め、中ロも含めた北東アジア域内での対話や安全保障条約が必要になってきている気がします。アメリカは基地やカネが欲しいだけで、自国の国益に直接かなう事以外は一切やってくれないことがハッキリしてきました。せいぜいシーファー駐日大使が、今朝のミサイル騒ぎのような緊急時に日本政府関係者を大使館に呼びつけるのではなく、自らが官邸に足を運んできてくれることくらいか…(笑)。
 やはり日本は自立してかないといかんのかも。

 戦前、失敗はあったけど、やってきたことなので、独自外交は可能なはずです。ただアメリカばっか向いてる今の内閣の面々を見ると少々不安ですが(笑)。

(アメリカにとっての北の最大の脅威はミサイルではなく、偽ドルではないのかな? それを止めることが出来れば、北の問題にアメリカは立ち入りたくないようにも見えます。そのへんは先日書きました。)

<韓国海洋調査船>「竹島周辺、今日中に終了」 | エキサイトニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-07-05 12:04 | 世界情勢


<< チューニング重視で。      これって巧妙なイメージアップ作... >>