2006年 07月 12日
北朝鮮への制裁決議について。補足。
 7/10に書いた『北朝鮮への制裁決議について。』の補足です。
 暫くミサイル関連のことを書くまいと思ってましたが、ロシアの思惑が気になって、また書いてしまいました(苦笑)。

(ロシアの立場)
 今回のミサイル騒ぎで北東アジアで緊張が高まり、日(台米)中で軍拡競争になれば、ロシアも中国向け武器輸出で儲けられるんですよね。ロシアはアメリカの覇権衰退を望むものの、もうしばらく自国の武器ビジネスで儲けてからでいいや、ってスタンスでしょうかね。ゆえにロシアも、北には暫く崩壊することなく日本への挑発をしていってほしいでしょうね。
 これで日本がMD購入に引き続き更なる武器をアメリカから購入すれば、日中が軍拡競争となり、両国の経済的負担となって国力の伸びが停滞するでしょうから、相対的に極東でのロシアの力が高まっていくってわけで、中国向け武器で儲けられる上に、願ったり叶ったりの漁夫の利かもですね。

 ここ(「北の打ち上げ花火に舞い踊る人々」)に書いてあること、激しく頷けます。
 そっか、将軍様から子ブッシュ大統領へのバースデープレゼントの花火7発だったわけね(笑)。9月には安倍長官の誕生日もあるそうで、将軍様はやっぱそこでも何かプレゼントを用意してるのかな?(爆)
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-07-12 03:43 | お金、政治


<< 北朝鮮、金王朝安楽死の可能性。      日銀福井総裁、その後いかがお過... >>