2006年 11月 17日
「<訃報>フリードマン氏94歳=米経済学者」だそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061117-00000024-mai-peo

 100年後の歴史家は、彼をどう評価するのでしょうか?

 マネーの力で世界を影でコントロールしてる方々にとっては、高いレベルで「使いもの」になった学者さんだったんでしょうが…。


 政府からの自由、を謳ったシカゴ学派の新自由主義経済学ですが、実際にその経済学が採用され起きたことは、今のアメリカや日本を見ればわかるように、政府の権限、管理が逆に強化されてしまったということではないでしょうか? フリードマン氏自身はそのことをどう思っていたのでしょうか?
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-11-17 12:34 | いろいろ感想文


<< 悲しい「円」=「外貨準備分散先...      イラン攻撃に向けての世論作りか... >>