2006年 11月 25日
「ロとの外交問題に発展 英、元情報員毒殺疑惑で」他。マスメディアの作為ばかりが目につきますね。
 詳しいことわかりませんが、英メディアの騒ぎ方を見てると、なんかウラがありそうですけどね。

 ここんとこ中央アジアや中東で、中露に押され気味で分の悪い英米による情報戦の一環のような気もします。
 かの佐藤優氏によれば、犯人はチェチェン利権にからんだロシアマフィアではないか、とのことですが…。

 一方日本では、安倍首相は支持率が下がりそうになると、北朝鮮情報を小出しにして人気を維持しようとしてるのが見え見えですね。来年参院選前になんかしら切り札を切ろうと準備してそうですけど。
 検察や警察は一枚岩なんですかね? 小泉=安倍従米売国路線に疑問を感じてる官僚さんって、いっらしゃらんのですかね? 同じことはマスメディアの方々にも言えるのですけど。地方自治体知事の談合疑惑追及もいいんですが、オリックス宮内会長や竹中前大臣、福井日銀総裁のような方々の悪こそ追求されるべきでしょう。報道関連マスコミも上記の方々の追求をぴたっと止めちゃったし、どうなってんすかね?

 栗本槙一郎氏の「純個人的小泉純一郎論」によると、小泉氏の頭の中では、安倍氏のワンポイントリリーフは既定の事実で、2007年参院選自民敗北後に、国際資金資本(ウォール街)のバックアップで首相に返り咲き、マスコミと一体になって日本の国富のアメリカ売りを完遂させるつもりのようです。その先に待ってるのは、アメリカ並みの格差と、公共の破壊なようですね。小泉再登板だけは、なんとしても阻止しないといけないようです。栗本氏によれば、自民党内で小泉氏の弱み強み双方を知りつくした福田元長官が、その流れを阻止できるのでは?ということらしいですけど…。

(あら、なんかタイトルから逸脱して、ロシア元情報院暗殺のことより国内問題についての内容が多くなってしまいましたな(~_~;)。)

ロとの外交問題に発展 英、元情報員毒殺疑惑で | エキサイトニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-11-25 13:22 | いろいろ感想文


<< 国境を超えた軍事ケインズ政策と...      悲しい「円」=「外貨準備分散先... >>