2007年 02月 20日
チェイニー副大統領(白い悪魔)来日についてのブログ記事を二つばかし。
 いよいよお出ましなようですが、美しい日本の大地を汚しにやってくるチェイニー副大統領兼戦争犯罪人(笑)。
 自分たちの失敗(@イラク)の尻ぬぐいを日本人にやらせようとノコノコとお出ましのようですね。自らのやらかした失敗に対して開き直ったうえに、政治家や官僚、経済界の皆さん方を脅すんでしょうね。恥の概念が無いというのはまったく醜悪です。

 以下、その件で気になったブログ記事をいくつか…。

天木直人のブログ 「チェイニー副大統領の訪日報道から目を話してはならない」より
日経新聞は、チェイニー副大統領が久間防衛大臣と会わない事になったと報じている。その一方で自衛隊幹部とは意見交換をすると言う。これは極めて深刻な事である。主権にかかわる問題である。憲法で定めるシビリアンコントロールの原則を米国の副大統領が破ろうとしているのだ。外務省はこのような日程を断じて認めてはならない。防衛省とのつまらない権限争いから、久間発言が米国を怒らせたと突き放している場合ではないのだ。外務省は省の利益ではなく国益の為に、もこのような日程を許すべきではなかった。自衛隊幹部は米国副大統領と意見交換が出来ると舞い上がってはいけない。自らの指導者がコケにされているのだ。シビリアンコントロールを尊重するのであれば、まず大臣に会ってくれと米国側に進言すべきであった。


BenjaminFulford 「右翼団体が反米デモ行進をやりました」より
本日右翼団体がアメリカ大使館の周辺でデモ行進を行いました。

それは、チェイニー副大統領の来日に対してのデモです。今回のチェイニー来日の目的は、日本から北朝鮮へエネルギー支援に対して多額な援助をさせること、また無償で北朝鮮へエネルギーを送らせるための交渉(命令)です。アメリカ政府が日本の拉致問題に対して冷たい態度をとっているのにも関わらず。

ふつう大使館付近のデモ行進は、警察が止めに入ります。しかし今回のこの右翼団体は素通りをして、大使館の真前まで行くことができました。これはなんらかの政府関係者の許可がなくてはありえないことです。一部の政府関係者と、愛国心と根性を持った右翼団体にバンザイを言うしかない。


 アメリカ大好き小泉前首相や竹中前大臣の売国コンビらがエヘラエヘラと副大統領閣下の前に馳せ参じるんですかね。想像するだけでおぞましい光景ですけど…(~o~)。先日書いたように「主権在米経済」を読んで、改めて2005年の9.11選挙と郵政民営化法案成立のバカ騒ぎ悪夢に腹わた煮えくりかえってしょうがないですけど、なんとかならんですかねアメリカ礼賛マスゴミや政治家、官僚さんたち…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-02-20 00:45 | 世界情勢


<< 「構造改革」を何年もやっている...      すみません、更新が滞ってます…... >>