2007年 04月 17日
アメリカやドルの衰退について。
 ここんとこ、ゴールデンウイーク前のためか、あれこれ多忙でなかなか当ブログも更新できないのですが(言い訳、みっともないすかね・笑)、今回は当方がやってる掲示板でのやりとりからです。
 内容はこれまでここで何度も書いてきたことなのですが、今一度確認の意味も含めて、転載させていただきました。


>ボク(達)はベトナム解放革命が勝利したときアメ帝の衰退は確定的になったと喜んだものです。ところがどっこい、浮きつ沈みつ流れのままにアメリカはしぶとく生き残ってます。たいしたもんだと想いますよ(笑)
>なんであれ国家の骨組みがしっかりしてるのかな、などと。寄生虫も寄生し甲斐があるというものだ。先の寄生先ってあるのかな。



××さんには釈迦に説法で、大変恐縮なんですけど、他の読者の方々にも是非知ってもらいたいので、ちょっと書かせてもらいます。

ベトナム戦争当時のアメリカは弱くなったとはいえ、国内の製造業は強かったですし、財政や貿易の赤字も今のような天文学的数字ではありませんでした。

特に80年代以降、アメリカは金融中心の経済に移行し、いわゆる「双子の赤字」は、クリントン政権時代にちょっと減ったものの増え続ける一方です。で、その赤字を支えているのが(=借金を肩代わりしているのが)我が日本です。

最近は中国もアメリカ国債を沢山買うようになりましたが、中国は日本のようにアメリカの言うことをなんでも聞いてくれる良い子分ではありません。

今や日本一国やアラブ産油国だけでは支えきれないほどの借金をアメリカは背負ってます。それでもアメリカ国債が買われるのはドルが基軸通貨として石油を中心とした貿易決済に使われているからです。

しかし、ユーロの登場とその使用範囲や額が大きくなってきてることで、今や基軸通貨としてのドルは危機を迎えています。ドルが基軸通貨として通用しなくなると、アメリカ国債の買い手もいなくなり、アメリカはただの赤字国となり、かつてのアルゼンチンのようになってしまうはずです。

実際ロシア、イラン、南米諸国は資源の貿易決済をドル以外の通貨へ昨年から本格的にシフトさせてます。多額のアメリカ国債を抱えている日本、中国、サウジのうちのどこかがアメリカ国債を売りに入れば、たちまちドルは暴落するはずです。それを抑えているのはアメリカの政治力(=軍事と金融による脅し)です。

80年代半ばまで、ソ連が崩壊するなんて誰も思ってませんでしたが、その後の経緯は皆さんご存知のとおりです。
しかし今のまま資源国のドル離れが進めば、ソ連と同じことがアメリカで起こっても不思議ではないと思います。


で、アメリカ没落後に国際金融資本が寄生するのは、中国だという説がありますが、ユーロのヨーロッパと中国かもしれませんね。そこらへん、まだよく勉強してはいないのですが…

アメリカの繁栄を支えているのがわが日本であることが、参考になる記事がないかとググったら、下記の元国会議員さん(現松山市長さん)のHPにヒットしました。
http://www.tokihiro.jp/tokinokaze/13.htmlより
(85年のプラザ合意における)アメリカの目的は、日本の資金を、国内に取り込むことにあった。

アメリカの金利を高めに設定して、日本から米ドル預金の形で資金が流れ込むようにしたのである。

それまでも日本の稼いだお金は、半ば強制的にアメリカ国債購入に当てられ、資金は環流していたのであるが、日本の金利を低めに誘導する事で、さらに潤沢な資金がアメリカに流れてゆくこととなった。

ここに今日まで続く日本の低金利政策の秘密がある。

国内では国民の金利収入が激減し、金融機関に莫大な利益が移転され、不良債権償却の財源に充てられた。

現在、日本に蓄積された外貨準備高は2000億ドル以上を数える。

しかしながら、他の先進国が一定の比率を金で保有しているにもかかわらず、日本の場合は別表の通り、その大半を外国為替、主にアメリカ国債で保有している。

仮に、日本政府が、30年前に30年ものの米国債を購入したとしよう。

当時は一ドル360円、現在は一ドル約130円、つまり日本には、購入時の3分の1しか返ってこない。

円高になれば、その分アメリカに所得移転が起きるという仕掛けだ。

こうしてみると、アメリカ政治の巧妙な戦略と、日本政治の貧困がくっきりと浮かび上がってくる。


お時間ありましたら、下記もお読みになっていただけると、わかりやすいかもしれません。
http://blog.goo.ne.jp/leonlobo/e/6afc830d7ee1a722f058c24564c0b78f

http://blog.mag2.com/m/log/0000012950/108363637.html(←ページ前半は広告ばっかですが下のほうに降りると記事が読めます(^。^))
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-04-17 15:59 | お金、政治


<< またアメリカで銃乱射事件が発生...      悪党の顔はしてないけど実は悪党... >>