2007年 04月 21日
またアメリカで銃乱射事件が発生しましたが。
 今回のアメリカでの銃乱射事件についてこんな意見も…

「Native Heart」より
バージニア工科大学でアジア系学生による銃乱射による虐殺事件が起き、「アメリカ史上最悪の皆殺し」「全米史上最悪の凄惨な事件」といった言葉がメディアを連日賑わせていることにたいして、アメリカ・インディアンの側から疑問の声があがりはじめている。

簡単に言ってしまえば「アメリカの歴史上かつてないほどの虐殺?」「ほんとかよ?」「最悪の銃乱射?」「冗談でしょ」というもの。

たとえば現在カリフォルニアのホリスターに暮らすラコタ・スー族のジョーン・レッドファーンさんは、ギルロイ・ディスパッチという新聞のレポーターに「このての見出しはもううんざり」と語っている。「メデイアの人たちは誰ひとりとして、メソジスト教会の聖職者のチビントン大佐がコロラドのサンド・クリークでシャイアンとアラパホの、主に女性や子供や老人の200人から400人の人たちを皆殺しにした事件を、ただの一度も聞いたこともないって言うの?」


以前書いた「『近現代』に終わりは来るのでしょうか?~未だに続く奴隷制を支えた価値観。」とも共通する内容なんですけど…
「白人がやるヒップホップとは、どういうことなのか」より

「過去(今でも)450年間に渡って、少なく見積もって800万人以上もの黒人を(白人たちが莫大な富を築くために)奴隷にして殺したあと、これ以上は奴隷制度が社会(世界)の目があってできなくなったために、利用価値がなくなって、野原に黒人たちを捨てて”今日からお前たちは自由だ。良かったな”といいながら、バウンティハンターといって、野原に放り出された黒人たちを猟銃で撃ち殺して遊んだりした」ことも、やはり、人それぞれには考えがある、ということですか?


 イラクでやってることを見れば、彼らが相変わらず利己的で血に飢えた連中であることが良く理解できます。
 もう一つ、5月から始まる日本での三角合併解禁の下準備が進んでるようですね。

 NY株式の史上最高値と、日本の保険会社へのバッシング情報リークをタイミング良くやってくれてます(先だっての不二家不祥事でのTBSでのとんでもないでっち上げが明るみに出ました。テレビじゃ外資系保険会社のCMが日常的に流れてるもんなあ…。テメーらの儲けの為にマスコミを使っての世論操作はユダヤ系巨大金融資本の得意とするところでしょう。自分たちを追い出したロシアのプーチン大統領に対する攻撃的プロパガンダがイギリスを中心に目につき始めましたし…。蛇足ながら、アメリカの大手テレビメディアやハリウッドはユダヤ系巨大資本に牛耳られてるそうです…)。


 最後にネイティブ・アメリカンのメディスンマンだったブラック・エルクによる名著「ブラック・エルクは語る」より一文を抜粋します。かの第七騎兵隊によって行なわれたオグララ・スー族へのジェノサイドでの生き残りだった方による、殺された側からの見方です。
 ほんの120年ほど前の出来事です。第七騎兵隊とその後ろにいた者たちの末裔たちは、未だ血と物質的富に飢え、中東は勿論、日本も含めた世界中で害毒を撒き散らし、破壊し、騙し、脅し、盗んでいっています。それが彼らの信じる「神(ゴッド)」による恵みであると信じ。このような悪魔信仰を行なう者達に、真の神からの鉄槌が降ろされる日が近いであろうことを信じています。

「ブラック・エルクは語る」J.ナイルハルト著、弥永健一訳 教養文庫より
「一つの民の夢が、あそこで死んだのだ。」
 こうして、何もかもが終わった。
 そのときには、事が終わったといっても、それがどのくらいの意味での終わりだったか、分からなかった。今こうして、老いの丘の高みからあの頃のことを思い出すと、あの曲がりくねった渓谷に沿って、いたるところに折り重なり、散らばっていた女たちと子供たちの虐殺された体が、若かったときの目で見たのと同じ姿で、ありありとまぶたに浮かんで来る。そして、あのとき血にまみれた泥の中で死に、雪嵐の中で葬むられたものは、彼らだけでなかったのだと、今こうして見ると分かる。一つの民の夢が、あそこで死んだのだ。それは美しい夢だった。


 今回の銃乱射事件に巻き込まれた方々は、つくづくお気の毒ではありましたが、アメリカという国が歴史の中でかかえる血なまぐさい出来事の落とし前は、まだついていないのでは、と思い、ちょっと脱線した内容になってしまいました。
 かくいう日本も過去にいろいろ問題を抱えてはいるのですが、それらは確かにまだまだ掘り下げ方が不十分だったかもしれません。しかし、当事者でもない他国にとやかく言われるより、加害者、被害者である我々当事者自身が検証し、結果明らかになった誤った過去に対しては反省すべきだと考えます。
 ヒトの揚げ足とる前にまず自分たちから改めよ、と東アジア的な価値観からする我々からは思えてしまうのではありますが…(そのようなアメリカのWスタンダードを見越しての米議会周辺の中国系ロビイストの暗躍もあったようですが…)。
(太字=当ブログ管理者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2007-04-21 02:10 | いろいろ感想文


<< キリスト教が「新大陸」で行なっ...      アメリカやドルの衰退について。 >>