2007年 05月 27日
従米、媚米で憲法改正。更なる従米化を推し進めるだけの安倍内閣。まったく仰るとおり。
 下記のリンクの内容について、まったく仰る通り、正論だと思いました。
 安倍首相は「憲法改正で国際社会での日本の地位向上」を謳いながら、結局、アメリカ政府さまに従順に従うことで、そのアメリカの力で自分の権力基盤を強化したいだけではないんでしょうか。単なる姑息者でないんですかね。軍部の力を過信して暴走し、破滅的な戦争に突入していった戦前の日本政府とよく似ていませんか。戦時中の内閣にいた岸信介氏の血を惹く安倍首相らしいっちゃらしいが、多くの国民が迷惑ですよね。小泉前首相による国民経済の安売りに引き続き、今度は国民の血を売ることで自らの権力基盤を強化しようとする商人政治家が、引き続き日本を牛耳ってるようです。そのお言葉から安倍首相ご自身は武士(もののふ)を気取っておられるようですが、実際にやってらっしゃることを拝見していると、姑息な人身売買商人にしか見えません、と言ったら言い過ぎでしょうか?
 先だって批判した経団連トップの某氏といい、政治経済のトップが綺麗事を言う話術ばかりに長けてて、その実、利己的なボンボン、っていう現状を見ていると、身の回りの若者たちや子どもたちの将来に対して大きな不安を覚えてしまいます。

「藤原直哉の『日本と世界にひとこと』 2007年5月15日 憲法改正より日米安保改正」(音声によるコラムです)

 タイトルの通り日米安保について、もっと議論がなされるべきです。憲法改正をマスコミも含め声高に主張してますが、冷戦が終了してしまった現状において、日本の地位を貶めているとしか思えない日米安保条約について、なんの疑問も出てこないのはおかしくありませんか? 憲法改正を主張するのであれば、明らかに片手落ちではないでしょうか?

 もう二つ、下記も全くその通りだと思いました。

「森田実の言わねばならぬ[249] 『声』特集――言論の自由が日本を救う」より
 安倍政権が最重要課題とする「改憲」にしても、安倍政権が真に「右翼」であるのなら、「あくまで自主防衛を基本とし米国とも一定の距離を保つことをめざす」はずです。しかし、実際は「自衛隊の海外派遣」も「集団的自衛権の確立」もすべて米国の言いなりです。「押し付け憲法の改正」と言いながら、その「改正」の中身は「米国の言いなり」なのですから完全に矛盾しています。


「[2007.05.10] 正しい日米関係は平和国家日本の確立から始まる | [公式] 天木直人のブログ」より
安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を掲げ、自虐史観を捨て去る保守派の一人である。  しかしその安倍首相は一方において、「かけがえのない日米同盟」を掲げる。これは自己矛盾である。そしてその結果として米国に不快感と警戒心を抱かせる事になった。問題はその後の対応である。米国との関係修復を何にも優先させる以上、釈明をするしかない。信念を曲げるしかない。負い目を引きずった外交は従来以上に対米従属になって終わってしまう。久間防衛大臣の例をみると明らかだ。これは悲惨である。小泉対米従属より悪い。米国に嫌われてなお対米従属から離れられない。もっと卑屈な対米従属に終わってしまう。


 安倍首相訪米前に出てきた、従軍慰安婦問題へのアメリカ国内の批判は、安倍首相を揺さぶり、従順にアメリカの意向を受けいらせるためのものだったんでしょうね。安倍首相訪米後にピタリと批判が止んだようですが、日米政府間でどんな裏取引があったんでしょうか?
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-05-27 02:02 | 日米関係


<< 日本もひどいがアメリカの市民の...      写真を二つ比べてみると…。歴史... >>