2007年 06月 03日
日本もひどいがアメリカの市民の現状はかなりヤバイ(←悪い意味で)らしい。
 某アメリカ人@東京からの情報。

 チェイニーがCEOをやってたハリバートンが、現在アメリカ各地で刑務所を建設中とか。その収容人数が余りに多いので、一部の市民が、刑務所の使用目的について危惧しているようです。

 一部ネット上@日本で指摘されていた内戦やクーデターの差し迫った兆候は、今のところ無いようです。ただ、ヒスパニック系等一部の住民に不満が高まっているようなので、そのあたりから暴動が発生する可能性は無きにしもあらずとか。
 アメリカの公共サービスの民営化というのは、かなり進んでいて、営利目的の私企業が公共的な分野に多く進出してきているので、アメリカの市民の生活は目に見えて悪化してるとのことです。日本はマスコミを中心に公務員をバッシングしていますが、アメリカのように政府が私企業に丸ごと乗っ取られる前に、「官から民へ」の流れを止めていかないと大変なことになる、と言ってました。日本の政府、自治体による公共サービスは、アメリカに比べたらだいぶマシなようです。ただし「今のところ」という注釈付きではありましたが…(苦笑)。
 イラク戦争でも、民営化により民間の傭兵がかなり使われてるそうで、その分を含めるとイラク戦争におけるアメリカ側の死者・負傷者数は大きく増えるそうです。


 もうひとつ、政治や経済とは直接関係ある話題では無いのですが、Cadence Weaponという、カナダのアンダーグラウンドHIP HOPシーンで今面白い音を出してるヤツがいるそうです。

 ちょっと聴かせてもらったら、確かにジャンルを横断した面白いトラックです。
 ライムは、アンチ・グローバリズム姿勢で、今の政治のインチキを告発したかなりラジカルな内容だそうで、メジャーシーンの白痴的HIP HOPとはだいぶ違うようです。



(amazon 試聴可)

(オフィシャルサイト)

 日本も含めどこの国でも(勿論アメリカも)マスメディアの情報統制が進んでいるようで(北朝鮮を笑える立場では無いってことでしょうかね)、アンダーグラウウンドな音楽シーンやネットから、真実が少しずつ広まってきてるのかもしれませんね。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-06-03 01:33 | いろいろ感想文


<< こんな低レベルな政党が政権与党...      従米、媚米で憲法改正。更なる従... >>