2007年 07月 25日
ドル(=アメリカ)の覇権の崩壊にまた一歩近づいたようですね。
 “従米”日本政府が許すかな? と思ったら、イラン産石油の決済通貨のドル建てから円建てへのシフトが通っちゃいましたね。小泉前内閣や外務省によるアメリカ追従“ポチ”政策による国益の損失に経済界が気づきつつあるということなのでしょうか?

 このままドル建てで決済してたら確かにハイリスクなんで、賢明な選択かも…

「新日本石油、イラン原油の代金決済を円建てに変更へ」2007年 07月 18日 11:56 JSTより
[シンガポール 18日 ロイター] ある関係筋によると、新日本石油(5001.T: 株価, ニュース, レポート)は、イランから購入する原油の代金決済を今年9月か10月にドル建てから円建てに変更する見通し。

 イランは先週、日本の石油元売り各社に原油代金をすべて円建てで決済するよう正式に要請したが、イラン側の要請を受け入れるのは同社が初めて。

 イランは、核問題をめぐる米政府との対立を背景に、昨年からドル建て決済の縮小を進めている。

 ある関係筋は「新日本石油から、9月か10月から(円建て決済に)変更すると通知があった」と述べた。


「★イランは日本を反米陣営にひきずりこむ」
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-25 01:01 | 日米関係


<< 「価値観を共有する日米関係」の欺瞞      「日本の有権者は、大蔵省や与党... >>