2007年 09月 15日
自民次期総裁福田氏、の深層?
a0054997_1757286.jpg



 次期自民党総裁はほぼ福田氏で決まりつつあるようですね。ウヨ系の方々は親中派の福田氏を嫌ってるようですが、以前増田俊男氏も述べておられましたが、親中派に見えて実は親米派、なのが福田氏だそうです。国際派エリートの系譜に位置する福田赳夫元首相の子息にして、しかも清和会(町村派)の有力政治家の一人なわけですから…

 下記の森永卓郎氏がおっしゃるような麻生氏の反新自由主義的経済観や、また参院選後の与謝野、麻生両氏による日本の自立志向を内包した政局運営に対して、アメリカとその忠実なエージェントである町村(森)派清和会、日本の財務省らが大きな危機感を持っていたのではないかと思われます。
ニッポン放送 Podcasting STATIONより
森永卓郎経済コラム(ネットラジオです)


 そこで、「次期首相麻生」潰しのために絶妙なタイミングで安倍首相は辞職。しかも、「体調不良」を理由に入院までして、余計な発言をしてボロが出てこないようにうまく逃れたわけだし。オーストラリアでのAPEC会議の裏でブッシュ政権と上記のシナリオ実行の最終確認と、辞職後の文字通りの「ご褒美(←小泉元首相の“1兆円”と同じ類)」についての確認を話あったのではないかと邪推します。

 福田氏次期自民総裁ほぼ決定、で日本の対米自立への舵きりを、やんわりと潰しにかかるかもしれません。しかも、安倍氏が故意に(?)緩めた手綱のもとでや、参院選以降に麻生・与謝野両氏とともに自立志向で動いた愛国派官僚の粛清的左遷なんてこともあり得るかもしれませんよね。

 下記のような指摘もあります。
 やはり“日本の自立”なんていう理想論より、お金が自民党を動かしてる、ってことなんでしょうか。アメリカの諜報機関もからんでいるようですし、売国マスメディアにも機密費は流れ、福田自民党ヨイショ報道が始まるのかもしれません。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
より
つまり、政権をある派閥がほしいのは
この官邸機密費を好き勝手に使えるからである。
年間59億円。

この森派はその政治をみてもまったく国民のためには政治をやっていない。

官邸機密費が目的でこれほどの失政をやってもわたさないのでは?

やはり今回は麻生にすべきである。

明るい人間が就任するほうがよいし
森派はだめだ。

(個人的には、一時期安倍氏とともに戦争してでも中国を封じ込めろ的な勇ましい発言をしていた麻生氏なんで、ちょっとなあ…とは思っているのですけどね。いずれにせよ永田町や霞ヶ関で従米持続派と自立志向派がせめぎあいをしてる真っ最中なのかもしれません。今回の安倍氏の突然の辞任は従米持続派の巻き返しではないか、と思った次第です。以上、一シロウトの推論ですんで、そこを鑑みた上でお読みいただければと思います(^^ゞ)。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-09-15 17:43 | いろいろ感想文


<< こんな退屈な総裁選を見せつけら...      自民党総裁選で世間は話題持ちき... >>