2007年 09月 15日
こんな退屈な総裁選を見せつけられて、自民党の凋落ぶりが益々明らかになってきたんでは。
 自民総裁選が始まりましたが、イマイチ地味で盛り上がりませんね(笑)。お二方には失礼なんですけど、役者がちょっと地味だもんなー。しかも政策は思ったより似たりよったりだし(~o~)。早く臨時国会が再開されて、役人も交えた本気勝負が見てみたいよなー、って気にさせられてますよ、実際。
 どう見ても総裁選の結果決まってるわけだし、どっちが勝ってもあんま変わらないような気が…。二人の対決(?)を23日まで延々と見せられるのは、かなり退屈かも。これだったら、たとえば郵政民営化凍結案の与野党の論戦とか見たかったですよ。あの911郵政選挙以来ここ2年で自分個人的にも郵政民営化について勉強してきたんで、政治家や役人の答弁を聞きたかったよなー。結局、10月1日の郵政民営化スタートを確実にするためのヤラセ総裁選だろ、コレ。この期に及んで未だに国民の声を無視して、アメリカの傀儡ぶりを大きく発揮する自民党の体たらくにはあきれるばかりなり。

 しかしアメリカや国際金融資本への大きな利益になる米軍再編問題や郵政民営化、これらが大多数の日本国民の利益と相反することで、福田政権のアキレス腱になるかもしれませんよね。
 「腐っても清和会(笑)」主導の福田政権ですから、国内問題の解決すらアメリカへの最大限の利益供与の為、という基本方針を取ることでしょう。

 前者(米軍再編)に関して、来年度予算の審議において、是非野党に緻密な突っ込みを入れてほしいです。なんでこのような外国の軍備再編に、ただでさえ財政が厳しい日本がカネを出さねばならいのか? また郵政民営化によって国民の金融資金が国内に還流しなくなって国益が損なわれないか、といったところについて政府答弁からその矛盾点をあぶり出していってほしいと思います。

 しかし、いろんな情報を読んでると、誰が自立志向派で、誰が属国維持派なのか、わかりずらいですね(笑)。ってか自民党全体が属国維持派なのかもしれないと、今回の総裁選を見聞してて強く思うに到ってしまった。(もしかしたら今回の安倍辞任の様を見てみんなビビっちゃったのかな。平沼氏なんぞを復党させてアメリカの大きな利益である郵政民営化を止めようとすると、スキャンダルをリークされてこういうことになるんだぞ、という…。)
 小泉政権以降の自民党は、経団連や財務省のおかかえ機関みたいになってますからね(笑)。今後どこまで国内や地方のための政策が可能なのか、ちょっと疑問に感じてしまっています。

 しかし、こんな退屈な総裁選を見せつけられて、自民党の人材難と凋落ぶりが益々国民に明らかになってきたんじゃないですか?
 難問続出の国の政権運営をまかせるには、本人たちにとってもあまりに荷が重過ぎでしょう(笑)。早期解散総選挙が必要でしょうね
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-09-15 20:30 | お金、政治


<< 閑話休題。      自民次期総裁福田氏、の深層? >>