2007年 10月 07日
ちょっと時間が経ってしまいましたが、ビルマのデモと軍隊による取締りの映像です。
a0054997_1321623.jpg


 10日以上が経ち、メディア上の情報も減ってきてしまっていますが…

「ビルマ軍政、民主化運動を武力弾圧 活動家や支持者を相次いで逮捕
死者2百人超・負傷者2千人・被拘束者6千人 数字は現在も増加中」
より


映像:ザガイン管区カレーでのデモの模様(9月24日)
 僧侶たちが整然と、かつ平和裏に、民衆の支持を集めながらデモを行ってる様子がわかります。この映像を見て、なんだか知りませんが熱いものがこみ上げてきました。
 民衆が雪崩を打つが如く、反政府行動に出てしまう恐怖を、軍政側に抱かせたのかもしれませんね。下記、忌々しい映像ですが…

映像:9月27日の暴力的な弾圧の様子

 4000人という僧侶が政治犯として刑務所送りにされたそうですし、亡くなられた長井さんの撮影していた映像もまだ返却されていませんし…。
 もし仮にデモのバックにミャンマー以外の諜報機関の関与があったにしても、軍事政権の、暴力による丸腰の市民や僧侶への弾圧は、許しがたきものだと思います。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-10-07 01:23 | 世界情勢


<< どー考えてもおかすい。郵貯資金...      L&Gの「円天」は「ドル」のパ... >>