2007年 10月 24日
最近YOU TUBE映像で気になったもの二つ。ロン・ポールとアラン・ルーソ(和訳付き)。
Stop Dreaming
 共和党の大統領候補であるロン・ポールの選挙用映像で彼の発言集の映像(日本語訳付き)です。バックになつかしのドン・マクリーンの「アメリカンパイ」(当時日本でも洋楽チャートの上位に長いこといましたね)が流れてて思わず口ずさんでしまいましたが(笑)。

 アメリカが行ってる戦争や税金やFRBについて至極まっとうな発言しているんのですが、まともゆえにマスメディアに無視されちゃってる、という日本と全く同じ状況がアメリカにもあるようですね。ネットではロン・ポールは大統領候補の中で人気一位だそうです。

a0054997_21174832.jpg



 もう一つが、ちょっと古い映像ではありますが、「アロン・ルーソがロックフェラーとの会話を語った衝撃のインタビュー(日本語字幕版)」。今年の3月頃ブロガーの間で話題になってたようですが、なぜかアクセスしないままで、ここにきて初めて映像を見ました。

 ひじょうに面白い内容です。デビッド・ロックフェラーの従弟にあたるというニック・ロックフェラーと親交のあったという映画プロデューサー・アラン・ルーソのインタビュー画像です。
 ニック・ロックフェラーがアロン・ルーソにCFR(米外交問題評議会)のメンバーになるよう、推薦をすると言ったそうですが、ルーソは断ったとか。しかも、このインタビューでは911やウーマンリブのウラ事情。CFRのウラの目的、ICチップによる世界のコントロールのこと等まで触れちゃってるわけですから…。

 また911前にニック・ロックフェラーが予測していた通りの展開に、アメリカが動いたそうです。ビン・ラディンも911もイラク戦争も全てペテンだと断じてます(僕個人的には思いっきり頷けますが…)。

 インタビューの内容はルーソの妄想話だったんでしょうか? 今年8月に彼は癌で亡くなってしまったそうです。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-10-24 17:26 | いろいろ感想文


<< スティグリッツ教授が語る郵政民...      これをもし本気で言ってるなら、... >>