2007年 11月 05日
ううむ、なるほど。小沢氏辞意表明について。
(ブログを中心としたネット上に、既に詳しい&鋭い情報や分析がいくつも出てきているので、それらのうちで個人的に気になったものを集めてみました。皆さんも既にご存知の内容のものかもしれませんが…)

 いきなりの展開(「オザワがアベる」なんて揶揄すブログがあって爆笑)。鈴木ムネオ氏のブログにもありましたが、今回の騒ぎには読売ナベツネ氏と中曽根氏がからんでるようですね。二人の力というより、彼らは単なるエージェントで、そのバックにいるアメリカがやらせたことのようです。“アベといいオザワといい、ウォール街やアメリカ軍産複合体の儲けの見通しを邪魔してくれるよのお”ってとこらしいです。

 しかも、アメリカではブッシュやチェイニーより偉いと言われてるデヴィッド・ロックフェラー翁(シティ・グループ総帥で世界の金融と石油を押さえているという92歳)が今来日中とか。

下記ブログに鋭いウラ読みが出てました。
http://amesei.exblog.jp/6505070/#6505070_1

読売ほかマスコミの報道姿勢に対する小沢氏の公式メッセージ
http://www.dpj.or.jp/news/files/19.11.4kougi.pdf

ムネオ氏によるウラ読み(文章後半に出てきます)
http://www.muneo.gr.jp/html/page001.html

補足:
 今回の一件でもテレビでコメンテーターとして出てるサクライとかいうおばはん。彼女は台湾独立派のプロバカンダをやらされてるようですね。バックにはアメリカの軍産複合体がついてるのかな。台湾(&日本も?)と中国が戦争するように仕向けてる方々による日本でのロビー活動の駒の一人なんでしょう。黄なんとかいう反中本で書店でよく見かける中国名のおっさんも同じ仲間の一人でしょう。

ここ↓にも面白い&鋭い分析が載ってました。
http://www.snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=sample1
([652]小沢一郎の突然の辞任を受けて、私は、全てを分析、解明しました。すべては、私の「属国・日本論」の枠組みのとおりだ。投稿者:副島隆彦投稿日:2007/11/04(Sun) 21:44:34)

今回のナベツネ氏の暗躍が他新聞の記事に書かれてしまってますね(笑)。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007110490070732.html
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/96792/

CIAのエージェントだったという正力会長の昔から、アメリカの子分をやってきた読売ですからなー(ーー;)
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-11-05 00:45 | いろいろ感想文


<< 続・ううむ、なるほど。小沢氏辞...      65年前とその本質が全く変わっ... >>