2008年 02月 04日
在日米商工会議所という対日ロビー活動の拠点について(ネットロビー活動のススメ序論)
『「ロビー活動を活発化する米国企業 中心は在日米商工会議所」ビジネス‐財界ニュース:イザ!』より
 在日米国商工会議所は日米両政府に政策提言し、民間のロビイストらはそれを商機ととらえる。外資系の投資銀行で働く日本の草分けロビイストは「これから日本でのロビイストの需要は拡大する」と断言する。規制緩和で日本の市場が外資に開放されてきたことで、「ロビー活動への関心が高まっている」からだ。

 ロビイストの主な仕事は(1)政府系ビジネスの開拓(民営化に伴う主幹事獲得やコンサルタントなど)(2)金融庁などの規制当局との対話(3)国際的な金融規制への対応(4)政治情勢分析-など。


「在日米商工会議所 郵政民営化後の公正競争を要求 : 金融ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)」
より
 15日開かれた政府の郵政民営化委員会(田中直毅委員長)で、在日米国商工会議所は、郵政公社の国際スピード郵便(EMS)について、民営化後に公正な競争条件が確保されるよう求めた。輸出入の通関手続きで、民間企業は従業員が行っているのに、郵政公社は大部分を税関職員が行っている点を問題視した。

経団連が買収防衛策強化提言、三角合併厳格化や技術流出防止など要求| マネーニュース| Reuters
(当ブログで、そのアメリカ寄りの姿勢を批判をしてる経団連でさえ、在日米商工会議所による攻撃の対象になるということみたいです。儲けのためならなりふり構わずってとこでしょうね。)
 提言の背景として日本経団連は、米国と欧州でM&Aを制限する規制が多数あると指摘。米国では、安全保障の観点から外国企業のM&Aを規制する「エクソン・フロリオ条項」の存在や、デラウエアなど州レベルでは敵対的買収を制限していること、欧州では三角合併制度がないことなどを例示した。日本経団連の久保田政一常務理事は会見で「日本だけが閉鎖的との指摘(があること)は残念。合併の決議要件は欧州のほうが厳しい」と強調し、在日米商工会議所など外資勢が、三角合併の厳格化の動きに批判を強めていることに反論した。

在日米国商工会議所(ACCJ)保険小委員会金融庁からの金融庁監督局保険課への公開意見書(「保険会社向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)に関する意見」)より(金融庁が募ったパブリックコメント(パブコメ)への、在日米国商工会議所(ACCJ)によるコメントなのでしょうか)。
全ての会社の開示文書を判断する基準として金融庁検査官とおそらく裁判所が用いることになる表示のガイドラインをこれらの組織に作成させることにより、金融庁は権限を委任したことになります。監督官庁が適正に行うべき活動をこのような業界団体に請け負わせることは、日本政府による日米保険合意に基づく基本的義務の軽視であるとACCJ は考えています。日本政府がこれらの組織に対して、顧客の苦情対応や加盟企業の個人情報保護の監督など本来監督機関が行うべき様々な機能を第一線で務めるよう促していることについても、ACCJ は懸念しています。



「在日米国商工会議所(ACCJ)、総額1000万円を5団体に寄付」
より
在日米国商工会議所について­
在日米国商工会議所(ACCJ)は、米国企業40社により1948年に設立された日本で最大の外資系団体。
日本において米系企業のための活動を55年間にわたり展開してきた。現在は1400社を代表する会員3000名を擁し、東京、名古屋、大阪に事務所を置いている。ACCJでは、70余りの業界・分野別委員会が中心となり活動を行い、政策や経済の動向について年間500以上のイベントやセミナーを開催している。日米両国で政策提言を行うと同時に、両国の経済団体および米国大使館と良好な協力関係を築いている。

とのことですが、ACCJのHP内の在日米商工会議所による日本政府への提言等を読むと年次改革要望書の日本でのツメの作業を行うところのようですね。
 しかし上記記事の1000万円寄付って、どうせ日本人から巻き上げたカネの一部だろ、と思いつつ、自分たちの普段やってる露骨な営利活動をカムフラージュするテクニックは、敵ながら天晴れですなーw。このような活動が自分たちの存在の正当化にもうまく使われるんでしょうし、批判する相手に対して有無を言わせないテクニックというか…。このへんを日本人は上手に立ち回れなかったので、「エコノミックアニマル」なんて揶揄されてしまったんでしょうな(余談ですが、そうなるとアメリカもしくは在日米商工会議所は「エコノミックサディスト」、やってることは「エコノミックレイプ」ってとこでしょうか(笑)。日本が「アニマル」というなら、「獣姦」ってことになってしまいますが…(笑))。


『ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : ジャパン・ハンドラーズ増補改訂版を出す必要があると痛感した』より(画像も)
ところでチャールズ・レイク(アフラック)の所属している在日米商工会議所の映像が映し出されたのだが、ビルの名前まで出してしまっているのだが、NHKよ、ここは編集すべきではなかったですか?
はっきり「メソニック森39」と映っている・・・・。
a0054997_125965.jpg


 ちなみのビル名の『メソニック』というのは『フリー・メイソン(Freemason)』の『メソニック(Masonic)』だとか…。


以下「ネット・ロビー活動のススメ。」(執筆中)に続けます。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-02-04 14:04 | いろいろ感想文


<< 今回の事案の扱いぶりで、大手マ...      競争至上主義者たちの牙城―公正... >>