2008年 03月 16日
最近のニュースから2。新銀行東京にまつわる石原都知事バッシングのこと。
 藤原直哉氏によれば、なんでもトヨタから新銀行東京に来たという初代代表執行役が、今は銀行員の目利きや職人芸がものいう時代じゃないからとか言ってw、貸し先企業の財務データチェックだけして問題なきゃ、現場無視でジャンジャン貸しちゃっていたそうです(ジツに「効率的」で「カイカク」風なやり方ですね)w。

 もう一つ、先だって石原都知事が日米安保を見直したらいい発言をしたそうで、テレ朝のようなアメリカ(C×A?)の手先系TV局が、その罰として、もしくは石原氏主導による反米保守政党立ち上げへの牽制として今回の銀行の債務問題を大きくスキャンダルとして攻撃してるとか。喜八ログさんがそんな見方をしています。いや~、さも有りなんと思ってしまいましたw。

a0054997_1420619.jpg

横田基地視察時の石原都知事です。
(http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/kiti/tiji/tiji.htm より)


石原都知事「日米安保いったん解消を」 横田基地問題で
2月29日19時40分配信 産経新聞

 東京都の石原慎太郎知事は29日の定例会見で、米軍横田基地(東京都福生市など)の軍民共用化に向けた協議が停滞していることに関連して「相手の頭を冷やすためにも、いったん日米安保条約を解消したらいい」と述べ、日米関係を根本的に見直す必要性に言及した。

 石原知事は横田基地の軍民共用化のセミナー開催について説明。その際、米軍関係者が「横田基地は第2次大戦でのレガシー(遺産)」として、米軍による独占使用を既得権益視している現状を批判。「沖縄でのいまいましい出来事(米海兵隊員による女子中学生暴行事件)を眺めても、(福田)首相と向こうの国務長官が握手して済むことじゃない」とした。

 そのうえで、日米安保条約の一時解消を提言し、1年程度の冷却期間を置いて、日米関係を再構築すべきと主張。「まず地位協定をきちんと考えることで、本当の日米安保体制ができていく」と持論を展開した。

 横田基地をめぐっては石原知事が返還までの経過措置として、軍民共用構想を打ち出している。平成15年5月の日米首脳会談で、小泉純一郎首相(当時)がブッシュ大統領と軍民共用の検討で合意。両政府は18年10月から協議に入ったが、期限の1年を過ぎても結論が出ていない。 (自分は特に石原都知事のファンでは無いんですが、ちょっと気になった記事があったので今回引用しました。日米安保見直し発言には全面的に賛成します。今回のバッシングは、政治的打算もあったのでしょうが過去に「小泉改革」に率先して乗った石原都知事の身から出た錆って部分もある気もしますが‥)
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-03-16 14:09 | お金、政治


<< アメリカに続いて中国も本格的に...      最近のニュースから。日銀新総裁... >>