2008年 03月 20日
チベット問題について、ネットからあれこれ引っ張ってきてみました。
a0054997_122423100.jpg


 「情報のDJ」wってことで、チベット情勢についていくつか選んでみました。

『チベットでの抗議活動は誰が何のために仕掛けたか? - 国際情勢の分析と予測』より
チベット自治区の首都ラサだけでなく、四川、青海、雲南、甘粛等のチベット人居住地域でも抗議行動が起きていることは強力な組織の援助と扇動があると考えられ、その主体が米国、あるいは米国を中心とする先進諸国連合(日本も含む)であることはまず間違いないだろう。その長期的目標が米国の次の覇権国になりうる超大国中国を分裂させ弱体化させることであることもほぼ自明であると思われる。中国は国際的非難に激しく反発しているが、それこそが中国の弱さの反映である。また、このタイミングで抗議行動が起こされたことについては、米国が金融混乱の最中にあることから考えて、中国に対して保有米国債を売却しないように警告する意図が考えられる。



『新井信介のホームページ「京の風」: 「涅槃」と「この世の富」 冷静な反応。』より
チベットの普通の人間と、 漢民族の普通の人間が、同じ土俵(法律・社会環境)にたつと、 両者は生きる目的が全く違うので、どうしても経済格差が生まれます。

この世は、自分自身が、富の獲得するためにあるとする、貪欲な漢民族。
この世は、涅槃に行くための「修行の場」にすぎない、と教えられるチベット族。

富を追いかけて走っているときには、チベット人の心の内側は見えないでしょう。
一方、この世が「修行の場」と知っていても、そこにいる自分が他者と比べて貧困で、それが悲惨だと感じた瞬間から、そこから抜け出したいともがく、チベット人。


心の宇宙か、 肉体を持った三次元の現実世界か、

人類社会に与えられた命題です。


『新井信介のホームページ「京の風」: チベット。これは難しい。』
チベットには、国際機関が入って、そこが全体的な発展計画を策定し、より高度の自治が必要でしょう。
 
実際の経済活動を見るとき、単独の独立ではなく、人民元経済圏に、留まっているほうが、チベットの住民にとっては、幸福です。

ただ、ずるがしこい漢民族に、いいように、事業機会が奪われたままなので、チベットの人たちの不満も、大きいでしょう。

問題は、治安や裁判権が、どうなっているかです。
今は、共産党の地方役人の、勝って放題なのかどうか?
 
独立を強く求めると、 更に多くの悲劇が、連鎖的に起こります。
これだけはいえます。

あまり好きではないですが、 中華の枠内で、
より高度の自治をもたらすべく、動く。 

私は、これが、正解だと思います。


『気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板
[809]チベットで起きている暴動や抗議行動についてのユーチューブのCNNやBBCの映像
投稿者:副島隆彦投稿日:2008/03/19(Wed) 21:02:44』
より
 ダライラマ14世が、言うごとく、チベットは、いますぐの独立を求めているのではない。大きな自治権を認めよ、と主張している。中国政府は、このチベット人の亡命政府の主張を認めるべきだ。台湾についても同じである。新彊ウイグル自治区のイスラム教徒の要求も同じであろう。

少数民族への中国政府の強圧的な政治弾圧は、中国を「残虐な国家だ」として、世界から孤立させる。中国共産党の指導部は、国際世論を敵に回すことなく、大きく譲歩して、自分の非を認めるべきだ。


中国政府(胡錦涛体制)は、ダライラマ14世と、誠実に対話をするべきである。


 やはり今回の一連の暴動に、アメリカやイスラエルの諜報機関が裏にいるという可能性が高いのかもしれませんね(資源利権がらみと言われた、親中国の国ミャンマーでの僧侶の暴動を思い起こしてしまします)。バチカンの法皇やEUの高官による、冷静に対処せよ発言を見ると、ヨーロッパは米国とは距離を置き、努めて問題の拡大を最小限にとどめようとしているように見えます。オリンピックにからむ儲け話といった実利的なウラもあるのかもしれませんけどw。
 中国のみならず米英といった大国に翻弄されてきたチベットが、その素晴らしい文化と同様、安定し発展していけるよう日本にも何か出来ませんかね。それこそ、かつて欧米列強からのアジアの開放を訴えた日本の役割だと思うのですが…
 しかし、今の日本政府はまたアメリカといっしょになってアメリカと同じような発言を繰り返すんでしょうかね? 困ったものです。アジアの仏教国の一員として独自のスタンスで事に当たって行くべきだと思うんですけどね。コソボの国家承認でも強く感じましたが、アメリカに追随するだけの国際的にお恥ずかしな無思考(無志向)外交は、もう止めてほしいです。

東京新聞:セルビアが駐日大使を召還 コソボ承認で日本に抗議:国際 (TOKYO Web)
(太字は全て引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-03-20 12:09 | 世界情勢


<< 御手洗会長、八代教授、大田大臣...      アメリカに続いて中国も本格的に... >>