2008年 03月 30日
真実を覆い隠すことは出来ないってことなんかな。ライト牧師による米政府糾弾発言。
a0054997_1182010.jpg


 オバマ候補が尊敬しているというシカゴのアフロアメリカン系牧師さんによる、アメリカの人種差別に対する糾弾発言が、アメリカの保守系メディア(FOX NEWS等)によってネガティブに報道されたようですが、この牧師さんのおっしゃってることって、明らかに真実ではないかと思うのですが。形はどうであれ、このような真実がネット以外のメジャーなメディアで取り上げられたことに驚きましたし、このような真実がもっと広がって行けばいいのに、とも思いました。

[2008.03.30] 人種問題の原罪から逃れられない米国 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログより
 バラク・オバマ上院議員の躍進の原因の一つに、人種や性の違いを超えた国民「融合」の訴えがあった。

 ところが、そのオバマ候補が師と仰いできたジェレマイア・ライト黒人牧師の白人政権批判の発言が、米国民のオバマ熱を奪い、米国民を分裂させつつあるという。

 「広島と長崎で我々は(米同時テロで亡くなった)数千人よりはるかに多い人々に爆弾を落とした。米国は悪事の報いを受けた」

 「米政府は、有色人種を大量殺害するためにエイズウイルスを作り出した」

 「米国は今も世界一の殺し屋だ。プロの殺し屋の訓練にもかかわっている」


  この黒人牧師発言の映像が3月14日に米国メディアで流されると、騒ぎは一気に拡大したという。今では黒人票の大半がオバマ氏に集まり、白人票の多くはクリントン氏に流れているという。国民融和の熱は冷め、国民の分裂がむしろ深まっているという。

  オバマ大統領候補は、これを打ち消そうと、18日に人種問題を正面からとりあげた率直な演説をした。それがさらに国論を二分しつつある。人種問題こそは今でも米国の最大のタブーであり、弱点なのだ。

  ライト牧師の発言は、いずれも皆が内心思っている事である。しかしそれを他国の人間が口にしたとたん、米国の反発を招く。しかし、米国人が発言したらそういうわけには行かない。


↓これがライト牧師のYOU TUBEの画像です。JB(←ゲロッパッ♪の故ジェームス・ブラウンのことです)の説教版って感じで迫力ありますw
Barack Obama Pastor Jeremiah Wright NEW TAPES!!!!
(真珠湾攻撃についても言及されてますね。)


オバマが真正面に向き合った「人種」
3月25日17時47分配信 オーマイニュース
より
 問題の演説は、9.11同時中枢テロの後、ライト師が「神と国家」について語ったもの。悲劇に言及しながらも、自国や他国の市民を非人間的に扱ってきたアメリカ国家の傲慢さを批判。広島と長崎に原爆を落とし、日系アメリカ人を強制収容し、黒人を差別し続ける。そんなアメリカを「God bless America(神の祝福あれ)と歌うことはできない。God damn Americaだ」。情熱的な説教だったが、「呪い」の部分だけが取り出された。

(中略)

 白人が差別を認め、特権を捨てて過去を償おうと黒人側へ歩み寄るのではなく、黒人が白人社会に受け入れられることに重点が置かれた。そのために黒人は、白人よりも多くの努力と責任を負わされ、ブラックネス(黒人性)は注意深く裁かれ続ける。白人社会で成功するためには、時に、黒人性を捨てることが要求された。白人に罪の意識を感じさせないことが、暗黙のルールだからだ。「黒人として」の実感や歴史認識、髪型を含めた文化・民族的な表現は「黒人的すぎる(too black)」と敬遠された。

 上記にあるように「白人よりも多くの努力と責任を負わされ、ブラックネス(黒人性)は注意深く裁かれ続ける。」ということが、最も大きな問題なんだと思います。そのことは現アメリカ国務長官であるライス氏を見れば明らかかもしれません(彼女の中で黒いのはハラの中だけかww)。

 “独自の文化・価値観を捨てさせる”ということではアメリカによる対日本政策にも言えてることです。いわゆる「グローバリズム」の押し付けによって、日本独特の利益分配の方法であった談合等への攻撃です。そのような自己の価値観の押し付けこそ、アメリカを始めとした欧米キリスト教文化圏の最大の問題点であり、ここ500年間、地球上のあらゆる場所に出向いて行なった暴力行為の源泉であると思います。

 元々リベラル系だった自分が、民族的なものに傾倒していったのは、やはり黒人音楽を本格的に聴くようになったのが大きな要因です(当ブログのサイドバーにある「ライフログ」をご覧いただければおわかりいただけると思います)。文化や人の価値観というのは多様であり、どれが正しいかは言えないし、ましてや欧米の例えば「著作権」といったような物事の囲い込み、私有化ってのは世界や歴史の大きな流れから見ると、明らかに特殊であると思うようになりました。
 にもかかわらずその軍事力と狡猾な政治力・マネーによって自分たちの価値観を世界中に押し付けてるのが欧米なのではないかと考える今日この頃なわけです。そういう視点から観ると、自らの持つ独自の価値観を自覚せず、「日米は同じ価値感のもとにある」なぞと言ってヘイコラする方々に対し、左右関係なく違和感と怒りを感じてしまいます。

 最後にもう一つ、この件に関連するブログ記事を引用します。
私の闇の奥ライト牧師は正しいことを言った(1)より
このライト牧師、歯に衣を着せない発言でもよく知られた人物で、例えば、2001年の9月11日に就いて、“America’s chickens are coming home to roost. (アメリカがよそでやっていた事のしっぺい返しを喰らっているわけだ)”と言ったり、“racism is how this country was founded and how this country is still run.”
などと遠慮なく語ります。ライト牧師の語録には大部分のアメリカ白人たちの耳に痛いアメリカについての真実がいっぱい詰まっているようです。保守的メディアは、ライト牧師が反アメリカ的で、非国民だとして人身攻撃をかけ、こんな人物と親しいバラク・オバマも危険人物だと人々に思わせようとする搦め手戦法に出たのでした。

 真実は人を不快にすることがある、ってことの証左なんでしょうかね。
(太字は全て引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-03-30 11:37 | 日米関係


<< 『<思いやり予算>参院は否決へ...      福田首相の口から、下記のような... >>