2008年 04月 03日
『<思いやり予算>参院は否決へ』だそうです。嗚呼良きことかな。
<思いやり予算>参院は否決へ 「ねじれ」日米同盟にも影響
4月2日20時24分配信 毎日新聞


a0054997_142720.jpg ヤクザ顔負けの恫喝で、日本にいいようにカネをせびる米軍サン。しかも今回の横須賀でのタクシー運転手刺殺事件のように、各地で日本人を蹂躙してる犯罪者集団にほいほいカネを払う必要はありません。
 ところで、ここんと急に目立ち始めた北の強硬姿勢は、思いやり予算や基地再編費を早いトコ日本に払わせたいアメリカが、陰で金ちゃんや北を動かしているんじゃないすか?w

 また、なんでもかんでも野党のせいにする日本政府やマスメディアの姿勢にも疑問を呈せざるを得ないのですが。昨年の参院選での民意の結果なんですから、国民主権をうたう憲法を擁する国家としては、その声を尊重するのが筋じゃないでしょうか? 「ねじれ」が、さも悪いことのように言ってるけど、そんなら早いトコ解散総選挙をすべきでしょ…。
 ガソリン値下げを喜ぶ国民をドロボーか強盗みたいに批判する、政府とマスコミの物言いにもハラが立ちますし。政治家も官僚もマスメディアの関係者も公用車を常用していて、テメーの財布でガソリン入れたこと無いんでねーのか、と思ってしまいます。

 これも記者クラブ制度や寡占状態のマスメディア業界に大いなる問題があるのでは。公正取引委員会なんてのも名ばかりで弱いトコばかりイジメてるだけやし。

今週の内外政治経済金融情勢の展望より
財務省は公正取引委員会委員長ポストを握り、新聞の再販価格維持制度の生殺与奪権を通じて新聞メディアを支配する立場にある。マスメディアは特ダネの入手、経営上の恩典を重視して権力迎合の姿勢を鮮明にしている。マスメディアの堕落が日本の真の構造改革実現を妨げている。
 唯一、東京新聞(中日新聞)だけが3月20日の社説で『日銀総裁問題 天下り慣行を見直せ』と正論を述べた。


[2008.03.31] ガソリン国会を正しく見抜く眼力 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログより
  福田首相も、さらにその前に既に一般財源化を唱えている小泉元首相も、所詮は財務官僚のシナリオに踊らされている。それを知ってか、知らずか、福田首相の提案をこぞって持ち上げて、今度は民主党に譲歩を迫る大手新聞もまた、皆、官僚たちのお友達なのだ。
(中略)
 一般国民は気づかなくてはいけない。ガソリン国会を巡る与野党の攻防の本質は、ただ一点。官僚支配を突き崩せるかどうかだ。戦後の政治を貫いてきた、自民党・官僚支配勢力と、その支配勢力に支配されてきた一般国民の、最終的なせめぎ合いなのである。

こちら↓のインターネットラジオもなかなか良いことおっしゃってます。
藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2008年4月1日 ガソリンが安くなった

 財政赤字をことさら煽って自らの権力を維持しようとしている財務省のやり口については、以前下記に書きました。よかったらご参考になさってください。
財務省(大蔵省)がナゼ財政赤字の危機をことさら煽るのか。-1
財務省(大蔵省)がナゼ財政赤字の危機をことさら煽るのか。-2


 財務省さん、そんなに大変だったら、いわゆる霞ヶ関埋蔵金やら、しこたま買い込んだアメリカの国債・地方債やらでヤリクリすりゃあいいじぇねーか、と思うんですけどね。まったく強いもの(アメリカ様)にへつらい、自分たちの利権を守ることに汲々として、ツケは全て国民(しかも庶民)持たせよーって、あぁた、おふざけにも程があります。

(太字=引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-03 00:54 | 日米関係


<< こういう迷惑な犯罪者集団は早く...      真実を覆い隠すことは出来ないっ... >>