2008年 06月 30日
日本は高度な面従腹背戦術に戻るべき時なのでは?
a0054997_23172846.jpg 戦後六十余年の日本の基本方針は面従腹背だったわけですが、ここ7~8年、腹背から面従に軸足が移ってしまいいわば面従腹従に傾いてしまったことで、日本国内はひどいことになってしまいました。
 しかし今年11月の「宗主国」アメリカの大統領選とそれに続く政治の移行による空白を利用して、日本は再び本来の面従腹背に軸足を移すべく準備をはじめる時なのかもしれません。
 そのためにも、マスメディアのかく乱に惑わされずに、宗主国への面従腹背的姿勢に向けて、果敢に舵を切ろうとする政治家・官僚の皆さんを、われわれ国民は応援、時には叱咤をしていくべきだと思うのですが如何でしょうか。
 宗主国べったりのマスメディアが喧伝するであろう表面的な「腐敗」に対して惑わされないようなリテラシーを磨くことが必要かもしれませんね(とはいうものの私個人的には面背腹背・言うべきことは言う、でいくべきだとは思っていますが…)。

 今一度、しつこいようですが、日本の基本戦術は面従腹背でした。ぺこぺこしながらアッカンベーをしてきたんですよね。
 そして、ここ500年の欧米の植民地主義に対して、今日まで抵抗を続け独自の文化と言語を守ってきた日本のノウハウは世界に誇るべきものです。鎖国や切支丹禁止令・天皇制・面従腹背といった、欧米列強に対して日本がとってきた抵抗のノウハウを、中南米やアフリカの諸国へ伝えることが、日本による大きな世界貢献だと思いますし、そのことが可能になりつつある世界情勢ではないでしょうか?(蛇足ですが、対列強国の日本型抵抗戦術のもっとも忠実な実行者は、実は北朝鮮だったりするんじゃないすかね?)




 最後に、面従を通り越して売国へ一気呵成に舵を切らせたA級戦犯たるケケ中氏ですが、以前国際金融資本からのご褒美2兆円とともにアメリカに移住という話がありましたが、未だに実現しておりません。

 更なる植民地化という要望が、宗主国側からケケ中氏に対して出ているのでしょうかね?

 多くの秘密を知ってしまったケケ中氏は、更なる手土産を持参してでないとアメリカ入国後に命を狙われてしまったりするんでしょうか? 多くの優秀な人材を、闇に明るみに葬ってきたかの国のことなら十分に有り得る話ですね。

 自民党からのバックアップもここんとこ弱まっているようですし、いくらお金を持っていても、命が無ければ意味がないですよね(昨日書いた新自由主義者の末路、とでもいえばよろしいのでしょうか)。

 毒を持って毒を制するという意気で行かないと、国際金融資本や宗主国にうまくやられてしまうという良い見本なのかもしれません。しかもいざという時に自分を守ってくれそうな悪友も少なそうだしなぁ…w。
 そのへんの脇の甘さが日本人っぽいなあ、ってちょっぴり同情してみたりしました(あくまでも↑上記の妄想が真実だったら、という前提ですが)。

(※上記に関しましては、私個人の勝手な推理妄想でありまして、内容のご判断に関しては読者の皆様の良識にゆだねるものでございます。)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-06-30 22:58 | お金、政治


<< 経産省より「2008年日米投資...      新自由主義者の本質。お金という... >>