2008年 07月 15日
アメリカで銀行つぶれてペイオフ発動だそうです。
 去る7月11日にカリフォルニアの大手銀行(インディマック・バンコープ)がつぶれたそうで、最高額10万ドル(日本円で1000万円ちょっと)以上の預金は返ってこないそうですね。

米インディマック・バンコープが業務停止、FDICの管理下へ| ビジネス| Reuters

080715.jpg

 いよいよアメリカのバブル崩壊本格化のようですね。戦争してるのに株高でウカレすぎてましたよね。
 そんなアメリカを礼賛してた評論家、政治家、学者、キャスターさんたちはこれから言ってることを急変させるんでしょうなw。

 しかし一握りの金持ちのマネーゲームのために石油が高騰して、そのツケを世界中の庶民が払わされるって、なんなんすかね?

 下記で詳しく語られてます。
藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2008年7月15日 米大手銀行でペイオフ発動

 ↓ここにも関連したことが書いてありました。
http://www.kumagai.ne.jp/column/entry.php?entry_pkey=914


追記(7/16 AM1):先週木曜でしたか取引中にNYダウが一度11000ドルを割り込みましたが、今日は大きく割り込んでますね。10800ドル台まで一旦下げてます。また円キャリーの投機資金の返済の動きなのか円高傾向にふれてるようですね(現在104.79円)。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-07-15 21:49 | 世界情勢


<< 兆単位の日本人のカネがふっとん...      経産省より「2008年日米投資... >>