2008年 07月 19日
兆単位の日本人のカネがふっとんでいるとか。&アメリカに対する報道が少しづつ変わってる気が。
 マスメディアの上顧客さんだったアメリカほか外資系保険会社がここのとこの金融の混乱であいついで広告・CMを縮小してるせいか(その代わりにパチンコ店のCMが目に付きません?)、アメリカに対する報道が少しづつ変わってるいるような気が。かの報道ステーションを見ていてちょっと思いました。
 又、下記のようなニュースも。まったくその通りな内容ですがw。

米金融危機:自己責任原則の放棄で米国は弱体化、ドルは凋落 | Reutersより
 「かつて米国は、日本に対して時価会計ルールの厳格適用を声高に要求し、日本の金融機関を潰しておいて、自分が困ったときには、勝手にルールをネジ曲げるのは許しがたい」(本邦金融機関)。「時価会計のポイントは、ガラス張りで全体が見渡せることだ。少しでもルールを曲解すれば、全てが台無しになる。米国がフェアなアカウンティングとして世界に売り込んだものを、自らの都合で柔軟運用するとは、呆れて物が言えない」(アジア系金融機関)と絶句する。


 とはいいつつ日本の金融機関もヤバイそうで、先日実質破綻したアメリカの政府系住宅金融機関(GSE)の債権ですが、日本の金融機関による多額の保有があるそうです。
 農林中金の5.5兆円(!)を筆頭に、三菱UFJ銀の3兆3000億円、日本生命の2兆1621億円って、後の2者は日本では経営が安定してるとされてた金融機関だけに、GSEの債権が全て紙切れになってしまったら、ほんとヤバイですね。
 日本人の虎の子がアメリカの住宅バブルを支えてたってことにもなるんでしょうが、溜め込んだマネーを日本国内に還流させないでアメリカに流して、しかも思いっきりバブル作って破裂させてんだから、日本中の空からばら撒くかドブにでも流したほうがまだマシだったのではないかという気がしてしょうがないっすw(先日のカリフォルニアでの銀行破綻によるペイオフ発動での取り付け騒ぎや、このニュースは日本のメディアではあまり取り上げられないようですが…)。

情報BOX:日本の金融機関が保有する米GSE関連債、農中の残高は5.5兆円| ビジネス| Reutersより
GSEの関連債券について、2008年3月末現在の日本の主要金融機関の保有状況を調査したところ、農林中央金庫は、GSE2社の機関債と住宅ローン担保証券(RMBS)の合計で5.5兆円で、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T: 株価, ニュース, レポート)の3.3兆円を上回り、国内最大規模の保有額となった。

 また、生命保険会社では、住友生命が開示していないが、複数の関係者によると、日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命の大手4社のGSE債の保有状況は、機関債とRMBSの合計で4兆円を超えた。個別にみると、日本生命は2兆5000億円、第一生命は9000億円だった。

(太字はすべて引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-07-19 00:49 | 世界情勢


<< ほんと身近なとこで起きちゃいま...      アメリカで銀行つぶれてペイオフ... >>