2008年 08月 11日
「知らぬが仏」の大多数の日本国民?
 メディアや現場で小泉改革色が薄まるにつれ、安心できるようになったせいか、ブログの書き込みが一時期より減ってきちゃいましたね(苦笑)。
 あとは財務省とマスメディアによる、財政再建至上主義の「不況万歳」な自滅型経済政策&従米姿勢を終わらせることが一番の願いです。

 世界は、アメリカ一極覇権から多極化への本格的な移行が始まったようです。向こう5年くらいはそのための混乱が続くのでしょう。でもそれは変化のための止むを得ない混乱なのだろうとも思います。
 しかし、これだけ変化が顕在化してるのに日本のメディアはのんびりしたものですね。普段テレビ中心にしか情報を得ていない身近な人の声を聞いていて、大多数の日本国民は「知らぬが仏」なのではないかって気がしてきてしまいました(←自分も含めてです)。
 個人的には、混乱を乗り切っていけるよう仕事・プライベート両面での具体的なネットワーク作りに軸足を移していこうかと思っております。

 書き込みが減り気味で申し訳ありませんが、今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-08-11 14:39 | 世界情勢


<< テロも起きず、ひとまず北京オリ...      口封じの「自殺」か? >>