2008年 08月 28日
ISAFに自衛隊を引きずり込むための工作だったりして…
 殺害された伊藤さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 このニュースに接したときに最初に感じたのは、自衛隊をアフガンでのISAF(国際治安支援部隊)に引きずり込むための日本の世論工作が目的だったりしないのか、ってことです。

 素人のうがった見方かもしれませんが、アフガンへの自衛隊派遣を正当化するための、タリバンを語った諜報員のヤラセではないか、なんて見方をしてしまいました。目的は日本の世論操作です。タリバン憎し、自衛隊が守らないと民間人の活動も危険だ、みたいな世論を作るための材料というか。
 当事者であるペシャワール会が、今回の事件について、拉致グループが「地元部族住民で、タリバンとの関連は薄い」としているところも、ジツに情報戦の一つではないかという気がしてしまいましたし。
 ペシャワール会の中村医師が以前「SIGHT」誌のインタビューで、自衛隊のような軍隊が入ってきたほうが地元民から反目が生まれ、かえって危険だっていうことをおっしゃってたのを記憶してるのですが…。

 自分たちのコントロールできないところで、ペシャワール会がアフガンの深部に入り込んでいることに、日本の外務省やアメリカはあまり良く思ってなかったのかもしれませんね。

 そんなとこから鑑みると、NATOやCIAは勿論、日本政府が資金面等でウラで関与してたり、もしくは事前に情報を知らされていたなんてことがあったら、恐ろしいんですけど…。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-08-28 00:00 | いろいろ感想文


<< 9月7日(日)開催の平和イベン...      北京オリンピック後の世界(中国... >>