2008年 09月 27日
どことどこがツルんでいるのかはよくわかりませんが、世界は流動化しつつあるようですね。-2
a0054997_1547355.jpg


「どことどこがツルんでいるのかはよくわかりませんが、世界は流動化しつつあるようですね。-1」の続きです。)

 以下は経済ではなく「テロ戦争」がらみのニュース。田中宇氏ではないけど、アメリカは自滅へ向けてせっせと戦争続けてるとしか思えないのですが…w。

 アメリカはパキスタンとも戦争をおっぱじめる気か(苦笑)? もしくはなんらかの情報戦として米軍からのリークなんですかね?

米、パキスタン軍が銃撃戦 越境理由に米ヘリ2機に発砲  共同通信 2008年9月26日 08時34分 | エキサイトニュース より
 【イスラマバード26日共同】ロイター通信によると、アフガニスタンとパキスタンの国境地帯で25日、アフガニスタン駐留の米軍とパキスタン軍の地上部隊による銃撃戦があった、と米軍当局者が述べた。パキスタン軍が越境を理由に米軍ヘリ2機に向けて発砲、米軍側が応射し銃撃戦に発展した。双方とも被害はないとしている。米軍は国境を越えてイスラム過激派武装勢力を攻撃しているとされ、緊張が高まっている。


 日本企業所有の船がスエズ運河近くで海賊に乗っ取られてしまったとか。イスラムに対するアメリカの過剰な敵視が招いてしまった混乱のようですね。アメリカの政界を乗っ取ってしまったやに見えるキリスト教(プロテスタント)原理主義の悪い面なのでしょうか。
 日本も政教分離を定めた憲法違反の疑いの濃い某新興宗教系政党が、政治のキャスティングボートを握っているしなー。

2008年9月26日 10時29分 <アデン湾>海賊被害急増 米国の対テロ戦争余波で横行 毎日新聞社 | エキサイトニュース より

 アデン湾はスエズ運河につながる紅海の出入り口にあり、年間約2万隻の船舶が通過するにもかかわらず、ソマリア政府による領海での海賊取り締まりは皆無に近い。

 そんなソマリアにも海賊被害が激減した時期があった。イスラム原理主義勢力「イスラム法廷会議」が首都モガディシオを制圧した06年6月以降の半年間である。「法廷会議」が海賊の摘発を強化し、イスラム法シャリーアに基づき厳罰に処したからだ。

 しかし「法廷会議」と国際テロ組織アルカイダの関係を疑ったブッシュ米政権は、06年12月のエチオピア軍によるソマリア侵攻を支持。「法廷会議」は敗走し、暫定政府が全土の掌握を宣言した。これを境に海賊被害は再び上昇カーブを描き始めた。

 こうした経緯をふまえ、米誌ニューズウィークは「米国の対テロ戦争が招いた政変が海賊を横行させた」と指摘している。



 最後にアメリカの覇権維持と莫大な借金帳消しのための最後の「あがき」であろう対イラン戦争。まだあきらめていないんでしょうか。今後の成り行き要注意ですね。

イスラエル、5月にイラン爆撃を検討、米国が支持せずと英紙
2008年09月26日 12:02 発信地:ロンドン/英国  国際ニュース : AFPBB News

(この時期に英国からってとこに、なんらかの情報操作のにおいを感じますが…)

対イラン追加決議で合意 安保理と独の6カ国外相 2008年9月27日 07時46分 共同通信 | エキサイトニュース
(EUは、現状ではロシアが握っているイランでの原子力利権を狙っているのかな?)

(太字はすべて引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-09-27 15:49 | 世界情勢


<< 昨日一日で凄いことになってんな。      どことどこがツルんでいるのかは... >>