2008年 10月 04日
失礼ながら売国奴の巣窟としか思えない経団連なんですが…。
a0054997_1432447.jpg ここにきて、“ご本山”英米の経済がおかしくなったのを契機に新自由主義への反省が生まれ、与党や財務省も、これまでの日本経済を縮小均衡へと導くマクロ経済無視のマネタリズム礼賛&財政政策嫌悪の方向性を改め、財政出動を容認する方向になってきました(出動されたお金の使い方については今後精査が必要かと思いますが、この方針転換に関しては一定の評価をしたいと思います…)。

 しかし未だに消費税上げを声高に叫び、更なる日本経済弱体化、縮小均衡化を煽る勢力がおります。そうです経団連です。

 先日経団連御手洗会長による消費税上げ談話ニュースを取り上げて書いた「刻々と世界情勢の変化を告げる大きなニュースが飛び込んできますね。-2」にいただいたコメントを再掲させていただきます。既にお読みになっておられましたらお許しください。

Commented by ななし at 2008-10-04 01:41 x
今の経団連は日本に取って百害あって一利なしですね。
かつての経団連とは180度違ってます。
確か90年代までは御手洗氏にしても今とは全く逆の事を仰ってたんですがね~。
豊かな中間層の豊かな購買力こそ日本の最大の武器であるってな事を
仰ってたような気もしますが・・・
小泉内閣発足時から急に変わりましたね。
何か圧力でもあったんでしょうかね?
主要市場の米国あたりからw
今度の金融危機で少しは懲りて内需重視に転換するかと思いきや未だにそんな事をのたまってますか・・・
キャノンと言えば、改革以降外国人株主が過半数を超えたんでしたっけ?
外国人株主の圧力でしょうかね~。

いずれにしろかつての土光さんや松下幸之助とは全く違いますよね。
まあそんな経営者に居て貰ってもなんですから出て行ってもらってもイイかも知れませんね。
法人税を上げたら出て行くんじゃないでしょうかね?
あるいは労働法制の強化とか。
どうせ出て行けやしませんて。
出て行っても酷い目に遭うのは目に見えてますからね。
政府の庇護は受けられなくなりますから。
戦後国家と官僚の保護下で大きくなった癖に何をトチ狂ってるんだか。


Commented by 仕事人 at 2008-10-04 19:37 x
カードローン20枚も30枚も持たせて、車、家電、宅配ピザからハンバーガーまで買わせるアメリカ社会を良く知っている、経団連様が、誠に馬鹿げた内容です。日本からアメリカが金をたかることを前提に生きているのが明白です。法律変えてまで政治資金を払いたいキャ〇ンも同じく、結局は日本人がケツ拭くことを黙認したあくどい連中だと思う。


 ななしさん、仕事人さんからいただいた上記のコメントに対する私の返しが以下です。

経団連の内部事情を知る方の話として、以前にもちょっと書きましたが、御手洗会長は経団連内では近年まれに見る愛国的な会長という評価を受けてるそうですw。ブラックジョークにしか思えないのですが(爆)。

法人税を上げると経団連加盟企業は大挙して国外に本社機能を移すと、政府や与党を脅してるそうですね。
かつて国策で税金使って育成されたことは忘れてしまってるようです。
結局自民党の献金の金ズルなので、与党政治家は言うこと聞いちゃうのでしょうね。とんだ売国奴どもだと思います。


 この後、とおりすがりさんから経団連に破防法を適用せよwとコメントいただきましたが、確かにキヤノンはじめ株主に外国人が多く連なり、株主の意向を反映させるために日本経済を内部崩壊に導くトロイの木馬になりつつあるという見方が出来るかもしれませんね。
 あらゆる国内法の施行されないところで金儲けを最大限行うという、グローバリストの悪い面が出てしまってるのではないでしょうか。

 しかし、グローバリスト系の欲の深い方々に言いたいのは、地球上のお金や富って有限ですからね。儲けを自分たちで独占・寡占してくと、いずれ自分たち以外の人々のお金をすべて吸い上げてしまい経済活動そのものが麻痺しちゃうんですよね。今世界で起きてる格差問題や不況って正にそのことが現実化しつつあるってことなんじゃないんですかね。自分たちで吸い上げれば吸い上げるほど世界で流通するお金の(価値の)量が減少していき、自分たちの儲けもある時点から減少してゼロに近づいていくという(「カネは天下の回り物」とはよく言ったものです)。ほんと欲の皮のつっぱらかった方々ってバカですねーw。本人は賢く金儲けしてるなんて思ってるのかもしれませんがw

こちら(「失礼ながら売国奴の巣窟としか思えない経団連なんですが…。-追記」)に追記を書きました。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-10-04 21:40 | 世界情勢


<< 失礼ながら売国奴の巣窟としか思...      刻々と世界情勢の変化を告げる大... >>