2008年 11月 22日
なるほど、朝日新聞が「構造改革」を後押ししたわけ。自業自得の赤字決算w
a0054997_1340643.jpg

朝日新聞社東京本社(ウィキペディアより)

 結局、自分たちも投資に突っ込んでたってことのようで。「構造改革」によってグローバルな金融市場にマネーが流れたほうが自分たちも儲かるってことだったんですね。
 今回のグローバルバブル崩壊のあおりをマトモに受けてるようで、社説等で是非ご事情をご説明いただきたいものですw。

livedoor ニュース - 朝日新聞:08年9月中間期の純損益103億円の赤字、特損に投資有価証券売却損44億円など計上、大幅に赤字転落より
【11月21日、さくらフィナンシャルニュース=東京】テレビ朝日(東:9409)や朝日放送(大:9405)の親会社である朝日新聞社(大阪府大阪市北区)は21日、2008年9月中間期の連結決算を発表した。それによると純損益は103億2500万円の赤字だった。前年同期は47億6300万円の黒字で、大幅な赤字に転落した。発行部数の減少、広告収入の減少に加え、持分法による投資利益や営業外収益その他が大幅に減少。子会社3社が連結から外れたことや、特別損失として投資有価証券売却損を44億6900万円、固定資産除却損を5億9600万円など、合計52億8000万円計上したことが響く。


 小泉内閣以来の「構造改革」応援の大手マスコミ論調を見てると、どこも同じようなことやってきたのかな。購読料も広告費も「投資」「運用」と言う名のギャンブルの原資になってたっというわけで、結局自分たちが批判しまくってきた官僚や政治家と同じで、他人の財布で無駄使いをしまくっていたというわけですな。
 メディアを含めた政官財学による「構造改革」と言う名の八百長が行われていたってことなんでしょうかね。騙されスラれてしまったのは庶民だったというわけです。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-11-22 12:40 | お金、政治


<< アメリカによる覇権の安楽死へ、...      築地市場の移転の裏に外資系金融... >>