2008年 12月 08日
財政赤字必要論が必要かも。
(今回あえて挑発的なタイトルをつけてみました…。べつに日本が国家破産するのを望んでいるわけではありません、念のため。)

 日本みたいに貯蓄志向の強い国は、国や地方自治体が金融機関からお金を借りて(=国債や地方債を発行して)お金をある程度使わないと、経済規模がどんどん小ちゃくなってちゃうそうです。
 言い方を変えると、家計の貯蓄志向が強いため経済を成長させるには財政赤字が必要な構造に日本はなってるってことだそうです。
 逆に言えば、財務省の言う財政黒字化というのは、家計が貯蓄が出来なくなるくらいに経済全体のパイを縮小させると実現するということらしいです(苦笑)。


 それ(=政府や地方自治体がお金を使う)をやらないと銀行等に預けられた日本人のお金の運用先が海外に流れ、その分日本国内のお金の回りが悪くなってしまうんだそうです(アメリカのエージェント竹中元大臣はそれをわかってわざと「構造改革」を推進したとか)。

 ここんとこずっと続いてきた日本の庶民の景気の悪さと、アメリカの住宅バブルは上記のようなカラクリの上に繋がってきたそうです(金融機関の日本人の預貯金が日本国内に還流せずアメリカに流れていたというわけです)。

 マスコミはなんでもかんでも財政出動を「バラマキ」と称して批判するけど、よっぽど日本の経済が縮小してくのが嬉しいらしい(マスコミ幹部には日本が嫌いでしょうがないイノセ副都知事みたいな団塊左翼が多いのか?w)。


 財務省が今やってるのは、国の赤字を家計や地方自治体に「飛ばし」て、しかも日本の経済を縮小均衡に向かわせてることのようです。
 今後の日本人の生活に役立ちしかも新しい需要を喚起できる脱石油・脱原子力・持続可能な自然にやさしい社会インフラの構築に政府はもっとお金を使うべきでは。またそのことで雇用を創出すべきで(そのことで税収も増える)、また民間のエコ技術開発の初期のコストの援助になるはずです。貯め込んだ1500兆円と言われる日本の金融資産を海外に流して再びおかしなバブルを作るより、ずっと良いことだと思うのですが…。また海外への資金援助にしても、アメリカみたいな膨大な軍事費を湯水の如く使って大赤字になってる国の国債をばかばか買うことよりも、日々貧困にあえいでいる国々をこそ援助すべきでしょう。


追記:今夜再びフジ系「サキヨミLIVE」で年次改革要望書が取り上げられてましたね。前回と切り口を買え、今年10月に発表された今年の要望書の問題点について専門家から話を聞いておりましたが…
 せんだってTBSの「テレビってやつは!?」で田中真紀子議員が、郵政民営化ってのは郵貯簡保の340兆円という資金を外資系金融機関が動かせるようにするためにやったことでしょう、とさらりと言ってましたけどねw。

 所謂「構造改革」の結果として、効率や儲けの最大化がイコール人々の幸せに直結しないことが、多くの人々の共通認識になりつつあるのではないでしょうか? しかし政治も経済も、特にトップの方々の意識がそのことに対処しきれていないように見受けられます。
 このたびの金融危機は、日本が良い方向へ方向転換できるチャンスでもあると思います。なんとかこの危機を福と転ぜられると良いのですが…。

 先だって偶然、明治維新時の水戸藩士鮎沢伊太夫の和歌「世の事を歎ぎて」というのを読んだんですが、世の中が乱れ下っていると嘆いていて、明治維新期も今も時代の変革期というのは状況が乱れ悪くなっていくように見えるようです。そのことが、その方向性がどういうものであれ心(志)ある人々に強い危機意識を起こさせるようですね。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-12-08 01:47 | お金、政治


<< 麻生内閣支持率急落の報道の影で...      とりあえず良かったのでは。「与... >>