2009年 03月 04日
小沢氏秘書逮捕の報に接して、取り急ぎ…。
 小沢民主党代表に対して、批判的でも肯定的でも無いわり中立的な立ち位置で見てきた私ではありますが、それにしても今回の小沢民主党代表の秘書の逮捕は、タイミングがあまりに見事じゃありませんか?
 しかも多数のサラリーマンが帰宅後テレビニュースを見る時間に合わせたが如きタイミング。明日のワイドショーは、この件で小沢氏批判をサブリミナルに行うのでしょうか…。

 自民党最大派閥である町村派は財務省以外に法務、警察の各省庁と太いパイプがあるそうで、何らかの謀略の匂いがしますね。
 またヒラリー国務長官に会いたくない等アメリカに対して従順でない言動の目立つ小沢氏に対して「宗主国」アメリカが警戒感を持っていて、影で情報提供等の形でバックアップしてる可能性も有り得そう。
 検察は小沢氏秘書の前に、「かんぽの宿」売却問題に見られるような竹中・小泉両氏の郵政民営化利権について調べるのが先のような気がしますが。
 裁判員制度を見てもわかるように法務官僚トップはアメリカかぶれが多いようですから、日本のことよりアメリカ様のご意向を立てるんでしょうかね…?

 ご参考までに、拙ブログでは先月の検索ワード別アクセスランキングで、「小泉」「竹中」「逮捕」という言葉が圧倒的に上位を占めていたのですが…w。検察や与党幹部は、この辺の世間の動きを把握した上での今回の逮捕劇ってことですか?

a0054997_053352.jpg

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-03-04 00:06 | お金、政治


<< 小沢氏秘書逮捕について続稿。小...      麻生首相にはドル建て米国債の大... >>