2009年 04月 11日
閑話休題。あれこれ徒然に。北のこととか北野のこととかw。
 下記のニュースってタクシン元首相のバックにいる英米の諜報機関がからんでませんか? 東アジアを分断したままにしといて、相対的に借金大国アメリカの地位を維持させたいためのデモンストレーションというか…(思慮の浅い日本のネットウヨさんたちも一緒になって喜ぶかもしれませんが…)。

<ASEAN会議>日中韓外相会談中止に…デモ隊が会場封鎖 | エキサイトニュース 2009年4月11日 13時49分より
【パタヤ(タイ中部)犬飼直幸】東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議の関連で11日午前(日本時間同)にパタヤのホテルで開かれる予定だった日中韓、日韓外相会談は、タクシン元首相支持派のデモ活動の影響で中止となった。同日午前のASEANと中国の首脳会議も延期となり、麻生太郎首相と中国の温家宝首相の会談も開始がずれ込んだ。デモで会議の開催に支障が出るのは異例。

__×××____×××__

 北の話題を少しだけ…

 元外交官天木さんのご意見です。なるほどなという内容。国土が狭い上に人口密集地を多数抱える日本は核戦争では絶対に不利だということは、以前TBSの『ブロードキャスター』でコメンテーターをされてたビル・トッテン氏もご指摘されてました。

『[2009.04.06]  北朝鮮ミサイル発射がつきつけたもの | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ』より
 繰り返して言うが、もし、「武力で北朝鮮の核ミサイル脅威に対抗する」のであれば、それを上回る核兵器を日本は持たなくてはならない。中途半端な防衛力ではむしろ危険が高まる。

 日本が核兵器を持つことを米国は決して許さないだろう。国際社会は日本の核保有に懸念を有するだろう。日本は孤立するだろう。今から核武装を行なえば多額の予算が必要となり、ただでさえ苦しい国民生活は一層圧迫される。

 しかし、これらのマイナスをもろともせずに、一気に核武装に走らざるを得ない。「武力で北朝鮮に対抗する」には、それしかない。

 問題はその後である。それでも日本の安全保障は確保されない。一発でも北朝鮮の核ミサイルを撃ち損じれば、人口が密集し、機能が東京に集中している日本が受ける打撃は壊滅的だ。

 政府は、そして国民は、その犠牲を覚悟できるか。

 しかも問題はまだある。最後の究極的な問題は、孫崎享氏がその著「日米同盟の正体」(講談社現代新書)で述べているように、「核ミサイルの脅威は北朝鮮だけではない。ロシアも中国もある・・・」のだ。

 つまり核ミサイル戦争を想定した場合、北朝鮮のみに適用できる装備では不十分なのである。

 しかし、核大国のロシア、中国を仮想敵国としたミサイル防衛は、もはや日本は不可能なのだ。何があっても日本は核戦争で国土の広い、人口の多いロシアや中国に勝つ事はできない。


(中略)

 見ているがいい。核兵器がテロに渡る事が避けられないと見るや、米国は核の全廃を世界に訴えるようになる。すでに米国はそう言い始めている。

 北朝鮮のミサイル実験が突きつけたもの、それは憲法9条こそ最強の安全保障政策であるという事である。

 今こそ日本は世界に率先して平和外交の重要性を訴えるべきだ。

 安保理決議で北朝鮮に対する制裁強化を訴えるような愚を犯している場合ではない。
(太字は引用者)

 『腕力が強いヤツや嘘が上手なヤツが勝ち』的なアメリカ主導の世界秩序が傾きかけた2009年、“正しいことが正しい”ことに世界が気付きつつある今こそ、日本は率先して正しいこと(=平和)を世界に主張すべきでしょうし、広島・長崎で経験した核兵器の悲惨さをもっと主張すべきだと思うのですが。


 更にもう一つ、下記ですが株をやってる方のコラムで、時々自分には納得できないことも書かれているのですが、今回の北のロケット(ミサイル?)発射にかんしての下記はなかなか言えてるのではと思い転載。

『S氏の相場観 北のミサイルで喜ぶ米』より
正直言って今回の北の真意は分かりませんが、これで日本は軍事費を増やしやすくなったわけで、米は日本に兵器を売りやすくなったという事です。北と米が全くつながっていないという証拠はどこにも無く、この利害関係の裏にはきっと何かが隠れているとしか考えられません。ただ、100年後の歴史の教科書には真実が載っているかもしれませんが、少なくとも私たちが生きている間にはその真相は分からない可能性が高いように思います。
(太字=引用者)

__×××____×××__

 次に芸能界ネタ。自公政権の弊害がこんなところにも?

北野誠無期謹慎、ラジオで芸能関係者中傷 - 芸能ニュース : nikkansports.comより
人気タレント北野誠(50)が芸能活動を休止することが10日、分かった。所属事務所の松竹芸能が無期限謹慎処分を下す方針をこの日までに決め、各関係先と話し合いに入った。
(中略)
 処分の理由は明らかにしていないが、関係者によると、ラジオ番組などで特定の芸能関係者を中傷をしたことが問題視されたとみられる。

 もし下記が事実だとしたら…。マスメディア芸能界の言論ファシズムって酷いですね。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41582257&comm_id=90891

__×××____×××__

 最後にもう一話題。今の自分が、小人の国に迷い込んだガリバーか、ガリバーの国にまぎれこんだ小人かはわかりませんが…w。

 「つれなのふりや」というPANTAの曲があります。タイトルは『つれないふりをしてる人たちへ』って意味らしいです。
 自分も「つれなのふりや、すげなのかおや(つれないふりのあなた、すげない顔のあなた)」と叫びたい衝動にかられることたびたびも、何事も無いふりして日々をやり過ごす四十路オヤジです。
http://www.youtube.com/watch?v=QUicl0n9zsw
(初っ端の「俺の声が聞こえるか♪」というレゲエリズムの曲が「つれなのふりや」です)

 下記が、「つれなのふりや」オリジナルスタジオ録音が入ってるかの名盤「マラッカ」。試聴可も、残念なことにイントロで試聴音源が終わってるw
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB-%E7%B4%99%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BB%95%E6%A7%98-PANTA-HAL/dp/B000228UBW/ref=pd_sim_m_2

panta.jpg
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-04-11 20:16 | いろいろ感想文


<< 他国がアメリカへの投資を手控え...      3日遅れのエイプリルフールか?w >>