2009年 04月 18日
他国がアメリカへの投資を手控える中、突出しカネを出す日本。ここにきて更なる属国根性発揮か。
 下記ですが、日本政府というか財務省、金融庁あたりから日本の金融機関に対して何らかのウラ指導でもあるんでしょうか? アメリカ経済の突然死ということになると、日本だけでなく世界に悪影響が急激に広がるので、ある程度アメリカへ資金をつぎ込むのは止むを得ないところですが、他国が手控える中、日本だけが突出してるというのも如何なものか。しかも記事最後にあるように邦銀の日本国内の円資金がドルに化けアメリカへ流れているわけで。
 属国の悲しさか、自ら進んで高リスク低リターン債権にカネを出させられてるとしか思えないのですが…。2月のヒラリー国務長官の来日も先だってのタイでの日中韓の会議が流れてしまったこともウラで繋がってるように見えてしまうというのは、考えすぎか…

 しかし、日本国内でこれだけお金の回りが悪くなっているのに、メルトダウンの可能性が高く危険なアメリカの債権にカネを回すたあ何事でしょうか。
 日本政府の国債追加発行に対し懐疑的なマスメディアさんは、金融機関が抱えた資金を日本国内に還流させるための方法をもっと提言すべきでは。しかしアメリカ大好き日本大嫌いなマスメディアトップとしては、この不況を機に日本が益々弱っていくことで、「構造改革」に疑義を呈し始めた多くの日本人が自らの「ダメさ」に気付くだろうとでも思っているのか?

日本が支える米国への資本フロー、中国は不安定に 2009年 04月 16日 17:05 JST | Reutersより
全世界から米国を投資先とするマネーの流れは、米国発の金融・経済危機を背景に急速に細っているが、そんななかで日本からの米国債投資だけは今年に入って拡大し、対米資本流入を支援する格好になっている。

 他方、米国が最も気を遣う債権者である中国からの対米証券投資は不安定になってきた。

 米財務省が15日に発表した対米証券投資データーによると、日本に居住する投資家は2月に、米国債、米政府機関債、米社債、米株式の4タイプの米長期証券を合わせて275億ドル買い越し、1月の買い越し額59億ドルを大幅に上回った。3月も高水準と予想されている。他方、中国は2月に米長期証券を計20億ドル売り越し、1月の35億ドルの売り越しに続いて2カ月連続の売り越しとなった。

 米長期証券を経由した全世界からの米国へ向けた資本流入は官民合計で2月に208億ドルだった。1月は117億ドルの流出。ユーロ圏、中南米、カナダ、豪州などが米国証券の売り手に回る中で、日本の動きが目立った。

(中略)

 米国資産の安全性については民間のエコノミストからも心配する声があがっている。

 危機対応で財政支出を拡大する米国は、米国債を大量増発し、FRB(米連邦準備理事会)が長期債の一部を買い入れることで、長期金利上昇が抑えられている。 しかし、「アメリカのハイパワードマネーは倍増しており、今後、FRBのバランスシートが毀損するリスクや、財政リスクが意識され、市場が臨界点を越えれば、期待インフレ率が上昇し、長期金利が上昇、ドルが急落するリスクが顕在化するだろう」とバークレイズ銀行チーフストラテジストの梅本徹氏は言う。

(中略)

国内銀行海外支店の総資産残高は2月末に66.4兆円。昨年9月のリーマン・ショック直前の8月末には70兆円と99年半ば以来の高水準に達した。

 しかし、ドル市場の機能不全により、ドル・ファンディングが困難となり、海外支店のバランスシートの約3分の1は国内本店からの資金融通でまかなっているのが現状だ。銀行部門による米国債の保有増はドルの流動性を確保する目的があるとみられる。


 経済のみならず安全保障でも益々アメリカの属国化が進んでいるようで、ワーキングプア化した若者たちをアメリカの傭兵として戦場に送り込みたい勢力が少なからず力を持ったままのようです。
 東大法学部卒を中心とした「国際協調」派エリート官僚たちや自民清和会、アメリカを中心とした海外のマーケットに依存する経済界、某カルト教団幹部等による日本弱体化は本日只今も進行中。

森田実の言わねばならぬ【334】
平和・自立・調和の日本をつくるために[334]
【コンメンタール】孫崎享著『日米同盟の正体―迷走する安全保障』(講談社現代新書)
より
【5】《日本が、国民の多くが知らないままに、日米間の新しい合意によって、世界を舞台に安全保障面で新しい役割を担おうとしている今日、安全保障問題を根本に戻って考える時期にきているのではないか》

【6】《今日の国際安全保障は、圧倒的な軍事力を持った米国の戦略、意図、行動により大枠が設定されている》《米国の意図は政府の公式見解だけでは明確にならない。…正確にとらえるには、いままでの米国国内の政治動向などを見極める必要がある》

【7】《日本の安全保障政策は米国の安全保障政策と一体になりつつる》

 ソマリアでの「海賊」被害防止を名目とした自衛隊の艦船派遣の意味も、上記を読むと見えてきますね…。

(太字は全て引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-04-18 16:06 | 日米関係


<< オバマ大統領のことなどを音楽や...      閑話休題。あれこれ徒然に。北の... >>