2009年 04月 27日
すいません、時間がとれないので要旨だけ。豚インフル&草なぎ氏逮捕
 今回のふってわいたようなメキシコでの豚インフルエンザ発生ですが、なんか怪しい。

 個人的には、藤原直哉氏がご指摘されていた、今夏あるかもしれないというアメリカによる半ば強引なアメロ立ち上げの布石かな、なんて邪推。たぶん多くの国民が反対を表するであろう、もう一つの当事国カナダへの脅しも兼ねてるのかなあ?なんて思ってしまいました。



もう一つは草なぎ剛氏逮捕。あれぐらいの一件で家宅捜査はちと異常。ネット上でも既に指摘されてますが、クスリ関係で疑われてましたかね?

 しかしそれにしてもテレ朝中心に草なぎ氏擁護の要素が強い彼のインタビュー映像の長々の放映。先般、ジャニーズ事務所に並びテレビ界を席巻する芸能プロダクションのバーニングの社長を揶揄したために、テレビ界から干されたともっぱらの噂の北野誠氏とは対照的でしたね。

[2009.04.23]  これは今世紀最大の言論封殺事件ではないのか 他 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログより
それにもまして、北野誠とそのプロダクションに対して、芸能界からの永久
追放ともいうべき徹底した制裁を加える事のできる人物、もしくは組織とは、誰なのか、何なのか。これがまるでタブーのごとく触れられていないのだ。

 それでも、報じられている事を総合して判断すると、どうやら芸能業界のドンと呼ばれるバーニングプロダクションの周防郁雄社長を激怒させたことが理由らしい(週刊朝日5月1日号ほか)。

(中略)

私たちが、名うてのヤメ検・矢田次男弁護士を守護神とした『芸能ゴロ』と非妥協的に闘うことにより、今後さらなる苦境に追い込まれるやもしれない。その際には、読者の皆様方のご支援を賜り、彼らの理不尽な攻勢に断固立ち向かっていく決意である・・・」

 読者の皆さんに私が何を言いたかったか、もうお分かりであろう。

 北野誠事件は、単なる芸能ゴシップ問題ではない。権力と言論の自由、そして検察官僚の天下りが絡んだ、法と正義の危機の問題でもある。

 先だっての小沢代表秘書逮捕事件で、マスコミへの膨大なリーク情報出しを始め、おかしな動きをしまくっていた検察庁ですが、その有力OBが「ヤメ検」弁護士として上記のバーニングのバックについてるそうです。
 その「ヤメ検」矢田氏の所属する弁護士事務所のサイトを拝見しました(ttp://www.nozomisogo.gr.jp/lawyers/lawyer01.html)。その自らの正義ぶりを強調した事務所紹介のコピーを読んでいると、カネの無い人間がこの事務所に弁護をたのむことは可能なのか疑問に思ってしまいましたし、北野氏の一件を拝見するに、カネとコネを使って、カネや権力から遠い弱いものイジメをしてるだけではないかと思ってしまいました。
 コピーにある「反社会的勢力」ってのが曲者ですよね。権力につく者なり金持ちが恣意的に策定した「敵」をそう呼ぶことも可能な気がします。
そもそもこういう事柄を書いてる私個人も彼らから「反社会的勢力」とレッテルを貼られる危険性も十分あるわけで…。現実問題、告訴をちらつかせることで費用や手間のかかる裁判を脅しのネタに使う事も可能だったりするし。この件とは直接関係あるわけではありませんが、日本国憲法の精神を検察や弁護士や裁判官がはたして十分理解しているのかと疑問に感じることがある今日この頃です。
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-04-27 00:24 | いろいろ感想文


<< 新型(豚)インフル死者は大幅に...      オバマ大統領のことなどを音楽や... >>