2009年 05月 10日
橋下大阪府知事に読ませたいw
 この期に及んでも、いにしえの小泉流改革手法を駆使してるためか、マスコミからおだてられてる橋下大阪府知事ですが、下記を是非読んでいただきたいw。

 しかし、あれだけ「自己責任」だの「成果主義」だのと大騒ぎしていたマスメディアが、此処にきて手の平を返したような態度なのはなんなんでしょうね? 下記を本気で主張するなら、橋下知事の言動のおかしさについてももっと取り上げるべきでは。
 まあ、こういう記事が広く読まれる土壌に戻りつつあるというのは、良い事なのかもしれませんけどね。

「性善説」経営 vs 「性悪説」経営。あなたの会社は?
プレジデント5月10日(日) 11時30分配信 / 経済 - 経済総合
より
X理論とは、単純に言うと性悪説である。人間は生来怠け者でできるだけ仕事をしたくないと思っている。従って大抵の人間は統制や命令、あるいは処罰で脅されなければ企業目標の達成に十分な力を出さない。また、普通の人間は命令されるほうが好きで、責任を回避したがり、安全を望むという考えである。
 これに対しY理論は性善説である。人間は生来仕事が嫌いということはなく、条件次第で仕事は満足感の源にも懲罰にもなる。従って統制や命令、処罰だけが企業目標の達成に力を発揮する手段ではなく、やりがいのある仕事を与えれば人は自ら働く。また、普通の人間は条件次第で責任を引き受けるばかりか、自ら責任を取ろうとするという考えである。
(中略)
ところがY理論を採用しない人たちもいる。株主や投資家だ。経営者や従業員は放っておくと何をしでかすかわからないから内部統制を導入し、しっかり監視しなければいけないという考え方はX理論に通じている。
 だが、会社のすべてなど監視しきれるものではない。内部統制は企業の足かせになっているのが現状だ。

 また、経営者が短期的な成果を追いかけると、X理論的な方向へ行きがちになる。厳しいノルマを課し、裁量は与えず、目標を達成できなかったらペナルティで追い立てる。しかし、そんなやり方をしたら会社がおかしくなってしまう。
 先日、四半期決算を始めてから日本の会社はおかしくなったという趣旨の記事がブルームバーグ・ニュースに掲載されていた。ファイナンス情報の媒体でさえそういう主張をするのである。短期的な数字にとらわれてはいけない。


 一方、長期的な成果を求めれば、自ずとY理論による経営になる。典型的なケースが2002年に日本経営品質賞を受賞したネッツトヨタ南国であろう。

(太字は全て引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-05-10 20:26 | お金、政治


<< 陰謀系とはちょっと違う、経済を...      新型(豚)インフル死者は大幅に... >>