2009年 05月 17日
かんぽの宿売却問題で西川社長告発。これを受けて検察はどう動くのでしょうか?
 既にネット上では多くの方が取り上げてますが、かんぽの宿売却問題で西川社長告発だそうで。
 保坂議員のブログで告発のことを先日読ませていただいて、早くこのことについて書かなくちゃと思っておりました(「かんぽの宿、疑惑解明」の総決算の告発へ - 保坂展人のどこどこ日記)。

 週一回CIAと打ち合わせをするという検察庁だそうですが(← 藤原直哉氏がネットラジオの中でおっしゃってました)、今後どういう動きに出ますか? オバマ民主党政権に変わって、ネオコン主導からソフトパワー重視の現実主義主導に方針転換したアメリカらしいですが、その影響がどういうふうに出ますかね?
 これが小沢氏秘書の裁判の判決との取引材料になる可能性もあるけど、どうなんでしょ? とにかく日本郵政の株式上場をなんとしてでも凍結しないといけないと思います。

 下記によれば自民党内では菅氏がいわゆる「改革派」の立場で告発に対する批判をしてるようです(余計な話ですが、民主党の管氏と自民党の菅氏の字が似ていて、これに鳩山氏の名前が出てくると一瞬どこの党のこと書いてあるのか混乱しますねw)。

かんぽの宿譲渡問題 - Yahoo!ニュースより
かんぽの宿譲渡問題

日本郵政からオリックス不動産への一括譲渡に、金額が低すぎるとして鳩山邦夫総務相が反対。譲渡は白紙に。[関連情報]

バックナンバー

総務相 郵政社長の続投拒否も(15日) / 野党、日本郵政社長を告発へ(14日) ...

ニュース

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-05-17 14:31 | お金、政治


<< 竹中さん、同じことを国会で堂々...      しかし、「不偏不党」という言葉... >>