2009年 06月 12日
国民政党としての自民党の死。
 本日をもちまして国民政党としての自民党はお亡くなりになりました。

 残っているのはアメリカの傀儡政党としての自民党だけ。さようなら日本売国党(←自民党改め)。


<鳩山総務相>辞表提出 後任は佐藤勉国家公安委員長が兼務 | エキサイトニュース 2009年6月12日 14時19分 ( 2009年6月12日 20時34分更新)より
 鳩山邦夫総務相は12日午後、日本郵政社長人事を巡る混乱の責任をとり、麻生太郎首相に辞表を提出、受理された。首相は同日午前に鳩山氏と会談した際、西川善文社長が鳩山氏に謝罪することで続投を認めるよう求めたが、鳩山氏が拒否。事実上首相が更迭した形となった。
(中略)
 鳩山氏は辞表提出後、首相官邸で記者団に「今の政治は正しいことを言っても認められないことがある。一時は辞任はしないと言っていたが、いずれ歴史が私の正しさを証明してくれる。自分が正しいと思ったことが通用しなかったので潔く去る」などと述べた。また「今回の首相の判断は間違っていると思う」としたが、自民党離党の可能性については「仲間たちと相談する」と語るにとどめた。
(中略)
 これに対し、自民党内では小泉純一郎元首相や菅義偉選対副委員長らが「(西川氏を交代させることは)郵政民営化の後退」などと反発。首相に早期の事態収拾を求める意見が強まっていた。

 郵政民営化に実は反対だったとご発言され、またマクロ経済における需要の重要性をご理解されてるふうだった麻生さんに期待してる部分もあったのですが、残念です。中川昭一氏に引き続き鳩山氏まで。二人の盟友を失い麻生さんの麻生さんたる立ち位置ももはや風前の灯火か…(中川秀直や小泉、菅といったA級戦犯各氏は竹中氏や西川氏ともども、政権交代後に塀の中に入ってほしい)。

妄想追記:中川秀直氏らの脅しに麻生首相が屈した形ですが、総選挙での資金の蛇口を中川氏が握っているのでしょうか。ここのとこの急激な原油高も、近々に実施される与党の総選挙資金調達のためGSかメリル、AIGあたりの外資系金融機関が裏で集中的に資金をNYの原油先物市場に集めて吊り上げているのでは。日本の株高も経団連あたりが仕掛けて選挙資金作りしてんのかも。またマスコミもB層洗脳工作のネタ仕込みを始めている頃か。
 ここは相手の態勢が整わぬ前に仕掛けるってのも手かと思うのですが、どうですか小沢さん?w

妄想追記2:鳩山さん2年ほど前の法務大臣の時、そこで何かを掴んでいたとか。もしそうだとしたら今回西川続投を支持した面々は、今後もびくびくする日々が続くのでしょう。
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-06-12 21:48 | お金、政治


<< 西川氏続投は構造改革推進派の財...      今日6月11日に国会で憲法審査... >>