2009年 06月 14日
西川氏続投は構造改革推進派の財界人による圧力なんだそうです。
a0054997_427999.jpg


 城内実氏のブログに、今回の鳩山氏辞任は財界からの圧力だったとの記述がありました。それを裏付けるような新聞記事(ネット版)がありました(竹中嫌いのナベツネ氏がwバックで動かしているのか読売さん今回は頑張ってますね)。
 自民党の中川秀直氏や菅氏は単に財界のメッセンジャーだったってことなんでしょうか。で、竹中氏はアメリカのメッセンジャーで…。ここのとこの株高は、やはり衆院選をにらんでの財界による選挙資金作り兼自公政権応援の意味があるんですかね?

強気の西川社長、後ろ盾は「小泉人脈」有力財界人 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(2009年6月13日05時44分 読売新聞)より
財界には西川氏に批判的な声もあったが、小泉元首相に連なる人脈が動き、そうした声を「封じ込めた」(関係者)との見方がある。

 日本郵政の取締役人事を決める指名委員会には、委員長の牛尾治朗・ウシオ電機会長をはじめ、奥田碩・トヨタ自動車相談役、丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長という有力財界人3人が社外取締役として名を連ねる。


 牛尾、奥田の両氏は、小泉政権下の経済財政諮問会議で民間議員を務め、丹羽氏は安倍、福田の両政権で諮問会議の民間議員だった。いずれも郵政民営化などの「構造改革路線」を支える役目を果たし、小泉元首相と親しい。

 指名委員会は5月18日に西川社長の続投を決めた。実はそれ以前、西川氏の進退問題が浮上した今春に、財界の中枢で後任候補の人選が極秘裏に進んだことがある。

 しかし、リストに挙げられた候補者が相次いで固辞。さらに小泉元首相の人脈が「火消し」に動く一方、西川氏に対しては「自分から辞めると言わないことが、一番大事だ」と支え、後任探しはさたやみになった。

 その後、麻生首相や鳩山氏が後任探しに乗り出す場面もあったが、民間人が財界の後押しもなく「火中の栗を拾う」のは厳しい。「指名委員会が西川氏続投を決めた時点で、勝負はついていたのかもしれない」(財界関係者)。有力な後任を見つけられなかったことも、西川社長の続投やむなしとの判断につながった。

 売国に走る財界人というのは一体何をお考えなんでしょうか? 自分とこの商売さえ良ければあとは何だって良いのか? 消費税12%の話も同じような面々が強力にプッシュしてるんでしょう。スポンサーのご意向じゃ政治家もマスメディアも逆らえないというわけですか?

東京新聞:総務相辞任で決着も…  西川郵政続く難局:経済 2009年6月13日 朝刊(TOKYO Web)
より
「日本郵政は経営陣刷新で経営を安定させる好機を失った」

 郵政の内情に詳しい財界人の一人は鳩山総務相の辞任劇を見て、そう漏らした。


 春先から、総務省だけでなく官邸も複数の財界人に依頼する形で西川社長の後任探しに手をつけていた。候補には元郵政官僚からNTT元幹部、財界の重鎮らの名が浮かんでは消えた。

 その流れを止めたのは小泉純一郎元首相ら郵政民営化推進派の巻き返し攻勢だった。

 五月十八日の日本郵政の指名委員会の直前に、麻生太郎首相や日本郵政の社外取締役らに西川社長の再任を要請。「党内から西川社長を代えたら政局になるぞ、との圧力がものすごかった」と官邸関係者は振り返る。

 ということで財界も一枚岩では無いようですが、いかんせん資金力で輸出型大企業の声に押し切られてしまうんでしょうね。
 本当の売国奴は、政治家を盾にして表立って出てこないってことでしょうか?
 
 
 日本郵政の役員一覧によると、日本郵政の指名委員会のメンバーは
 牛尾治朗氏 ウシオ電機会長
 奥田碩氏 トヨタ自動車相談役
 丹羽宇一郎氏 伊藤忠商事会長
 それに大蔵官僚出身の高木祥吉日本郵政副社長
 西川善文氏ご本人

 というわけで売国奴的なお考えの方々に既に乗っ取られているのが今の日本郵政ってことなんですかね? 特に指名委員会ってのが明らかにお手盛りな人選で、ここが急所かもしれません。正攻法でいくのも必要ですが、同時並行的にここいらをうまく攻撃していかないと…。

追記(09.6.14.PM2:20)
 「一枚岩ではない財界」については「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」さんが鋭い分析を行っておられますね。
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : かんぽの宿騒動は、財務省とハゲタカの利権抗争という側面もある

 自分も日本郵政次期社長候補に西室氏という報道を読んだ時、なんだこれ?と思ったのですが、そういうことでしたか。
 まあ西室氏に限らず私企業は自らの利益の最大化を使命にしてるってことなんでしょうが、度が過ぎるとなんなのかなと思ってしまいます。「コンプライアンス」を守っていれば何やってもいいというのは、私のような日本人庶民の感覚からするとやや違和感を感じます…。また最近の報道を見ていて思うのですが、財務省の権限欲というか支配欲というのも、危機感の裏返しなのかもしれませんがちょっと異常ではありませんか?
(太字は全て引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-06-14 04:48 | お金、政治


<< 閑話休題:民需による経済貢献こ...      国民政党としての自民党の死。 >>