2009年 07月 12日
遅ればせながらマイケル・ジャクソンの死について
(今回は趣味っぽい話に走りますが、ご容赦を…)

 最初マイケルの死のニュースを聞いてびっくりしました。ドラッグでか、もしくは自らの手でなんて考えてしまいましたが…。未だに原因が発表されず色々憶測を呼んでいるようですが…。
 噂の一つであるように整形の後遺症で痛みが絶えなかったのだとすると、マイケルのカネを目当てに「優秀な」美容整形外科がこの手術を行えば完璧ですよなんてうまいこと言って売り込みをかけ、不可逆的な手術を何度も行うことでとんでもないことになっていたのかもしれませんな(なんだかここ10年の日本経済とよく似てる気が…)。またそんな彼の華やかな私生活に隠された内面の孤独や絶望感を思うとやるせない気持ちになりました。そんな肉体を50歳にして捨てたマイケルは精神的に限界だったのかもしれませんし、突然の死はある意味幸せだったのかも…。

 ’80年にジョン・レノンが亡くなったときにマイケルのアルバム「OFF THE WALL
が流行っていて、あそこで一度時代が入れ替わったイメージがあるんですけど(白人のロックからヒップホップ等黒人音楽に時代の先端がシフトしたイメージ)、今回のマイケルの死でその時代も終わり次の時代が始まっているんだなって気がしちゃいましたね。
 多分これからはエンターテイメントの世界もアジアが中心になっていくような気が…。もしくは政治経済の世界と同じように多極化していくのかな。

 マイケルの死を伝えるニュースの街頭インタビューで、自分の青春時代が終わっちゃったって答えていたオジサンがいましたが、自分もそんな気持ちになりました。個人的には80年代にはプリンスを中心に聴いていたんですけどねw。



Michael Jackson - Rock With You
個人的にはクインシー・ジョーンズと組んでやっていたこの頃のマイケルが一番好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=7hK3Y1Ehv9c

Michael Jackson:Human Nature Music Video!
この曲はマイルス・デイビスもカバーしてましたね
http://www.youtube.com/watch?v=6BlKDXmdiUQ

Rockwell - Somebody's Watching Me: Relaid Audio
84年のヒット。ちょうど大統領予備選で黒人であるジェシー・ジャクソン師が出馬してた頃。マイケルがコーラスに参加。当時のアメリカ一般人の雰囲気が出てるかもしれないビデオかも(誰かから常に自分が監視されてる気がしてしょうがない恐怖心といった内容)。
http://www.youtube.com/watch?v=Uu1RP34FLXU

Janet Jackson "Got Till It's Gone" (Official)
妹ジャネットの97年のヒット曲。カナダ出身シンガーソングライター=ジョニ・ミッチェルをサンプリング。ビデオはレトロアフリカなイメージ(人種差別に対する抗議もメッセージされてますね)。兄マイケルには作り得なかった世界か。


(今日7月12日は都議選ですね。築地市場の金融系カネ儲けの下心ミエミエの強引な移転計画や、やはり利権がらみとしか思えないオリンピック招致とか、売国系副知事人選とかの石原都政にお灸をすえる投票をしたいなとは思いますが…)
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-07-12 02:32 | いろいろ感想文


<< 取り急ぎのご報告。「植草氏のブ...      陰謀論批判をからめつつ今後のヒ... >>